Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2012年01月09日

フィアットドブロ

ドブロのオーナーさんが売却を予定されています。
環境の変化やいろいろ、という訳で…。

doblo.bmp

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g110590285
オークション出品中ですので興味持たれた方は確認してみて下さい。

ドブロ、良いクルマですよ〜。
マニュアルなのでクラッチ以外は心配ほぼ無用。
適度な大きさと見切りの良さで左ハンでも案外気楽。
熟成された1.4のファイヤエンジン、しかも燃費良し。
ムルティプラみたいに大きいのにシャープなハンドリング。
ホントに些細なトラブルも無しで9万キロ走れちゃいましたし。

おススメです、是非ゼヒ。


タグ:ドブロ
posted by lente_ucd at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

2012年01月04日

2012

明けましておめでとうございます!

いやー、明けましたね。

「絆」ですか、なるほど。

2011年はいろいろありましたね。

振り返って書くのが面倒なくらい(笑)

2012年はもう少し余裕があると良いな、と。

明日、1/5から仕事仕事。

今年も宜しくお願いいたしますー!

2011年12月24日

赤パン異音とか

赤いパンダ、いろいろ残りの作業です。

シフトを触るとガチャガチャ、カキカキ、
発進しようとするとガチャン、カキン、
ちょっと動かして加減速でもカキン、カキン…。

まぁ、とりあえず初期化ついでにマウント類は交換してみましょう。

panda (21).JPG

左右のマウントと、

panda (18).JPG

下のマウントを交換。

今度はグラグラのガチャガチャなシフトを見てみましょう。

panda (4).JPG

そのお姿からして何か問題ありそうだなぁ、と(笑)

panda (14).JPG

こっちは板を追加してロッドの抜け止め。

panda (33).JPG

こっちはデカワッシャーネジ止めですね、なるほど。

panda (28).JPG

おぉ、ナットを溶接してましたか、そうきましたか。

panda (30).JPG

うむむ…緩み止めで溶接してやった、感じでしょうか。

残念ながら炸裂しちゃいけない類のクラフツマンシップですねぇ。
純正からの変更はよくよく考えてからじゃないととんでもない失敗作になります。
よくよく考えたつもりでもよく失敗するのに(笑)

panda (27).JPG

ナット溶接された部分は丸ごと切り飛ばし、
A112のリンケージの球っころ部分だけ移植して溶接。

panda (22).JPG

んで、普通にブッシュでジョイント、これで十分イイ感じ。

ここまでやっても加減速のカキンカキンは直らず…。
さて、音を良く聞くとミッションの中から聞えるような?
怪しい箇所といえば…、

panda (41).JPG

ドライブシャフトブーツのベース裏にはこんなシムが仕込まれてます。
確認すると1枚も入ってませんでした、やっぱり。

このシムでデフサイドベアリングのプリロードを決めているので、
入れ忘れたりするとデフが左右にガコンガコンと動きます。

ミッション下ろしたついでにチェックしたら見事にガコガコでした。
何枚かの厚みのシムを試し、ダイヤルゲージで測りながら調整します。

クリアランスはイイ感じに出ましたがおそらくこの状態でしばらく走っていたらしいので、
走行するとニャンニャンニャーンっとギヤ鳴りしちゃいます。
歯当たりが出るまではこれで様子見…あとは祈りましょう(笑)

panda.JPG

他にもタイミングベルトを交換したり、

panda (34).JPG

動かなかったクーラーコンデンサーのファンをOHしてガス補充したり、

と、いろいろアレコレやって無事に路上復帰できました。
ここまでやればしばらくは大きな作業は無いでしょう…おそらく(笑)
タグ:パンダ
posted by lente_ucd at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

2011年12月19日

GT1300Jr

1300jr.JPG

アルファロメオGT1300Jrの車検です。
どっからどー見てもカッコいいクルマですねー。

車検以前にソックスタイプのエアクリがボソボソになって、
ファンネルの網目を抜けてキャブに吸いこんじゃってエンジンかからず。

まずは2基のウェーバーDCOEをオーバーホールします。
スポンジカスと緑青で3割くらいの穴は詰まっちゃってて。

1300jr (7).JPG

ガソリン漏れ漏れの燃料ポンプも交換。
インシュレーターはまだ大丈夫そうなんでそのまま。
アクセルリンケージのブッシュが一箇所ユルユル過ぎるので交換してみます。

1300jr (8).JPG

なんて気軽に始めたらペダルの方まで一体何ですね、これ。
左ハンドルだともっと簡単に外れるのかな?

1300jr (6).JPG

ユルユルの所をズボっと引きぬいてみると先人の苦労の跡が。
シリコンかブチルか?とアルミテープかなんかで応急処置してあります。

1300jr (4).JPG

キャブとペダル付いたままの作業だとしたらなかなかしんどいですよ、これ(笑)

1300jr (3).JPG

悪い癖でもっとキッチリならないかなーなんて、ついついうっかり。
ポリアセタール樹脂、ジュラコンとかデルリンとか呼ばれるやつでこさえてみました。
ジュラコン・デルリンはちなみに商品名だったりします、デュポンとかの。
食品用ラップをサランラップって呼んじゃうのと同じですね。

エンジンがフヴァンフヴァンと快調になったので他も点検してみましょう。

1300jr (10).JPG

ウイーン、カチャン、カチャン、と持ち上げます。
そう、そうなんです!何だその持ち上げてる機械は?って話ですよね。

2年と6ヵ月ウマとジャッキでやってきましたがついに、
おバンザイ製の中古パンタリフトを買うことが出来ました。
リフトすげー、とあらためて実感しております。

さて、ウィーンと上げてあちこち見てみますと、

1300jr (2).JPG

前輪がクルクル回せないほどキャリパーが出しゃばって固まってます。

1300jr (9).JPG

パカリと割ってオーバーホールしてこちらもまことにイイ感じに復活。

他にはグリスニップルのある所にグリスをムチョムチョ入れて、
普通の2年ごとの点検・整備と水油を交換したくらいで終わり。

この段付き、スッドのお客さんが20年以上所有していたクルマなので、
いろーんな所に対策やメンテナンスがしてあって機関は非常に良い感じです。

車検は容赦ないCO/HCの量で苦労しましたが調整して無事に通過。
調子良く走るようになったので次の車検までは乗る頻度が増えるかな?と。

キャブが腐らない程度に乗ってあげないと、ですからね(笑)
posted by lente_ucd at 17:39| Comment(4) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

ハンバーガーと珈琲と。

先週の土曜日はワイワイと。

SN3J0141.JPG

土日はお隣さんが定休日なので助かります(笑)
posted by lente_ucd at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

2011年12月12日

東京モーターショー

先週の話ですが、
東京モーターショー行ってきました。

前回のは非常に寂しい感じでしたが今回はどうでしょう。

2011 (27).JPG

LFAですね、いろいろエグいクルマです。
常磐道で追い抜かれましたが音は済んだ甲高い良い音でした。

2011 (32).JPG

中身もエグいですね。

2011 (31).JPG

また中身、

2011 (30).JPG

さらに中身、

2011 (29).JPG

中身の中身で、

2011 (28).JPG

最後に中身。
本来はお金じゃ買えないクルマですよね(笑)

2011 (26).JPG

人気のハチロクですね。
海外向けにはどういう名前に…。
まさか「HACHIROKU」なんてエンブレム付けないですよね?
エイトシックス、とか呼ぶんですかね。
コンセプトモデルよりキュッとなっててカッコ良いです。

2011 (13).JPG

ハチロクといえばスバルのこちらも。
カッコええ〜(笑)

競技車両といえば、

2011 (22).JPG

日野レンジャー!
近くで見るとかなりの迫力。
砂漠の中を運転してみたくなりますね。

2011 (3).JPG

997のカップカー。
やはりカッチョ良い。

2011 (9).JPG

NGKブースにあったフェラーリF1のエンジン。

2011 (11).JPG

マーレーのブースにあったF1エンジンの中身。
機能美ですよ。

他に気になったのは…

2011 (23).JPG

NSKのデカ過ぎるベアリング。
何用かと思ったら風力発電のプロペラの軸受けですって。

2011 (5).JPG

あと、これこれ。

2011 (7).JPG

実物初めて見ました。
KTMのクロスボウですねー。
いやー、こりゃ凄いや。

2011 (6).JPG

乗ってみたいなぁ…。

2011 (10).JPG

普段はあまり興味を示さないメルセデスですが、これは別ですねぇ。
AMGのC63の…さらにスゴイやつみたいですよ。
威圧感も凄いですねぇ…。

2011 (24).JPG

おねいさんはジャガーが一番だと感じました(笑)
クルマイベントにありがちなケバさがなくて、えぇ。

前回よりパッとしたモーターショーでした。
でも会場は分断されていて見て回るのは疲れちゃいます。

はやく世界各国のメーカー勢揃い、に戻ると良いですね。

2011年12月08日

赤パン水油漏れ

赤パン、いろいろ漏れてました。

ドライブシャフトブーツからのミッションオイル漏れ。

panda (3).JPG

裂けてる以前に締め付けがタイラップですね…。
この作業で左前ストラットを締め付けるの忘れちゃったんでしょうね。
後で紹介しますが大事なモノも入れ忘れちゃったみたいで。

panda (19).JPG

オイルシールからシールドベアリングに。
A112にもこのベアリングタイプのブーツ使えそうですよね。
こっちの方がちょっとは持ちが良さそうな?

panda (25).JPG

こちらはエンジン。
カムカバーのガスケットを交換。

panda (26).JPG

オイル管理がどうだったかよく分かりますねー。

panda (16).JPG

中までは掃除出来ないのでOHの時までとっておきましょう(笑)

panda (15).JPG

カバーの裏がキレイになっても何も体感できません。
でも時には体感出来ないような作業も必要なんです。

panda (7).JPG

あと、ここ、ここは油圧スイッチ自体から漏れ。
ごまかせないので部品交換するしかないですね。

そして、水漏れ。
最初はホースバンドの増し締めで直る箇所。

むむ、他からも漏れてますな…。
って、ラジエター本体、コアから出ちゃってます。
これも社外新品に交換。

むむむ!まだ漏れてる!
エンジンとミッションの継ぎ目から…?
サーモハウジングじゃないようなので、
こりゃミッション下ろしですね…。

ミッション下ろしてフライホイール外して見えるのは…、

panda (35).JPG

ドロローン、こんな景色。

panda (36).JPG

このブロックのプラグが錆びて穴開いちゃってるんですねぇ。
この安いプラグだけ交換するんじゃもったいないので、

panda (37).JPG

クランクオイルシール、クラッチ3点も交換しちゃいます。
ミッション下りたついでにブーツ交換でイケてなかった場所も調整。
これに関してはまた後ほど〜。

これでエンジン/ミッションオイル、冷却水の漏れは完治!

と思いきや…。

panda (38).JPG

先日はヒーターバルブからの水漏れ。
バルブにクラック入っててそこから漏れちゃってました。

ちょっと形は違うけど使えるバルブに交換して…、
多分、しばらく漏れ各種はお休みだと思います(笑)
タグ:パンダ
posted by lente_ucd at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年12月03日

赤パン足回り

パンダ1000CLキャブです。
うっかり連れて帰って来ちゃったというこのパンダ。

ガキンガキン、ゴトゴト、ニャオーン、といろんな音がします。
車検取って路上復帰するまでのまずは足回りから。

panda (13).JPG

テンションロッドのブッシュと、

panda (6).JPG

ロアアームのブッシュと、

panda (12).JPG

ボールジョイントのブーツ、
砕けたり破れたりしちゃってますね。

panda (9).JPG

モンローのリフレックスは油漏れてスカスカです。
反対側は取付のボルトがユルユルで鬼キャン&タイヤズルムケでした。

panda (20).JPG

ロアアームはブッシュ付き丸ごと新品にして、
テンションロッドのブッシュも交換。
ジョイントのブーツは単品で出ないので国産で代用。

panda (24).JPG

ショックはモンローのお安めなオイルダンパーにしてみました。
ムチョムチョした動きはパンダにちょうど良い感じだと思います。
ぬるいオイルダンパーの気の抜けた乗り心地は個人的に結構好きです。
ついでなのでアッパーマウントとスラストベアリング、
SPシートと一体のバンプラバーも同時に交換してます。

中古タイヤに交換してフロントトーを調整して完成。
これで前の足回りはしばらく心配無用な感じですね。

今回は足回り以外にもいろいろ作業があったので、
とりあえず!後は全く手を付けないようにしました。
Ωアームにまで手を出すと大変そうですもんね。

まだまだ続きますー。
タグ:パンダ
posted by lente_ucd at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 足回りのアレコレ

2011年11月29日

フレンチフレンチ幕張

日曜日はフレフレ、フレ幕、FFM行ってきました。
キャメラ忘れたので写真は一切ありません。

駐車場には300台以上の仏車が集まっていたようですね。
非仏車は端っこで邪魔にならないように。
でも視界に入るような位置に駐車(笑)

会場で気になったクルマ。

イイあんばいのプジョーが2台。
珍しい205ラリーと恐ろしく綺麗な黒205GTI。
205ってやっぱしイカしてますねー。

白い5GTターボが2台と5ターボが2台。
メタルクラッチの音って只者じゃない感がして良いですね。
うちの頂きモノ5GTTもいつかここに並べたいな…と。

メガーヌ1のカップカー。
シーケンシャルの杖とセンターのSWコンソールがカッコ良い。
鉄棒ぎっしりの室内とリヤタイヤのカムリ具合も文句無しでした。

ヴィザとヌフ。
非常に興味深い、黒帯グルマですねぇ。
2台並んでたので少し磁場が乱れていました。

他にもたくさん、新しいのも古いのも。
新しいクルマは珍しい!すげー!って訳じゃありませんが、
普段見かけても間近でジロジロ覗く機会なんて無いじゃないですか?
だから新しいのもいろいろ発見があって楽しいもんです。

これ30万くらいまで落ちしたら足にイイな〜、
とか不謹慎なことをついつい…(笑)

2011年11月26日

ユーロフォード

モンデオのMk…えーっと3ですね。
2.5V6ワゴンのサスペンション交換です。

今回のサスペンションはこれ。

mondeo (2).JPG

SPAXの減衰調整付き車高調です。
なんつっても安いんです。

そりゃぁ2〜3倍する値段のキットにはかないませんが、
値段とモノのバランスから言うと良いんじゃないかぁ、と思います。

減衰は突っ張り棒みたいにも、抜け切ったショックのようにも幅広く対応。
動き自体も値段から想像するようなピストン速く動きません!
みたいな嫌な感じはそれほど感じないと思います。
ただ、キコキコとか音が出ちゃう辺りは…かな(笑)

mondeo.JPG

そうそう、よくモゲるらしいアッパーマウントも交換してあります。
モゲてはいませんでしたがV6エンジンの重さを受けてました、って感じですね。

交換してアレコレと調整して完成です。
完成した写真を撮り忘れてますね…。

調整といってもいじれるのは車高とトーだけですが、
前後の高さとトー具合で結構味が出るので面白いです。

いかにもワゴンぽい感じ、V6積んでハナ入りませんな感じ、
そんな感じを消すような感じの感じでやってみました。
なかなかスイスイ動くようになったかな?と思います。
posted by lente_ucd at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 足回りのアレコレ