Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2012年04月23日

クルマイベンツ

さーて!
暖かくなってきて、イベンツの季節っすねー。

bunner.gif

http://pandarino.com/

パンダリーノは5/27(日)に静岡県の浜名湖渚園にて。
パンダがヒャク何十台とか集まっちゃうんですって。


p1.jpg

http://www.museo500.com/fiatfesta/

フィアットフェスタは6/3(日)に群馬県の水上高原宝台樹スキー場にて。
19回目なんですね、すごいっす。


とりあえずイタリヤンな催し物が2つありますねー。

好きなクルマでつらなってニヤニヤして会場に向かう、
これがなかなか楽しいんですよね〜。

2012年04月13日

ニューカマーの白獅子

そんなこんなで我が家はA112が2台と156TSと306というラインナップに。

でも306はもう17万キロオーバーで塗装もハゲハゲ…。
こっちは車検だし、もうそろそろ引退かなぁ、と。

306を引退させて代車用に軽でも買おう!そうしよう!
なんて言ってたのですが、あーでもない、こーでもない、
とやってたら、いつの間にか不思議なことに、

306 (5).JPG

また306買ってきちゃったりして(笑)
だって白×黒なんです、しかもN5前期XSIです。
ATですけどAL4じゃなくてZFが載ってるんです。

だって、まともな軽買おうと思ったら156+306より全然高いんですもの。
維持費?そんな野暮なこと言っちゃアレですよ(笑)

おおむね調子良さそうだったのですが、冷間時にぐずり気味。

306 (10).JPG

あら、プラグ真っ黒、コイルでも死にかけてんのかな?

と、思いきや、

306 (11).JPG

7番?こんな熱価のプラグ使うの?XSIは?
と思って確認したらやはり指定は6番。

プラグ交換後はなかなか良い調子です。

こっちもいろいろ気なるところあるんでチマチマやっていきます〜。
タグ:プジョー

2012年03月31日

ニューカマーの赤蛇。

こっそりクルマを買いました。

156 (7).JPG

アルファ156のツインスパーク、セレスピードです。

路地にある中古タイヤ屋さんにファンカーゴと並べて置いてありました。
冷やかし半分に見てみると5万キロ台の走行でなかなか綺麗なクルマ。
17万キロオーバーのプジョー306の後継に良いだろう、とうっかり…。

156 (8).JPG

やたらヒーター効かないと思ったら水温がこんな感じだったので、

156 (9).JPG

サーモスタットを交換した以外は、
タイヤやオイル、リヤパッドの交換くらいしかしてません。

エンジンとミッションオイルはロイヤルパープルで。
特にこのシンクロマックスっていうミッションオイルは良いです。

rp.JPG

タイミングがずれてキャリブレーションしないとギクシャクするほど変わります。
147の後期くらいにシフトがスムースになる、かな?(笑)

セレオイルだけは怖くて手だししてませんが、
そのうちロイヤルパープルのパワステオイルでも混入させてみようかと…。

クラッチの突き出しはちょい短めの半クラ短めな感じに。
海外のフォーラムなんか読むと日本の基準値と違うので試してみたんですけど、
アクセル操作が少しシビアになりますが僕はこっちの方が好きですねぇ。

走行少なくても12年落ちなので早くタイベル&Wポンやらなくちゃ。
と思いつつ早速代車にどしどし出動してしまうのでなかなか…。
タイベルついでにエラーの出てるカムセンサーの交換も、かなぁ。

エアバッグの警告も出てるのでカプラーで直ったらいいなぁ、
と淡い期待を寄せて見たり。

あ、ドレンがグズグズになってるオイルパンとか…。
あ、フライホイール裏からっぽいオイル漏れもあったな…。

とかとか、たくさんやる事ありますな〜。
タグ:アルファ156

2012年03月06日

寒い145の修理

アルファ145TS、ヒータ効かずです。

サーモはちゃんと動いてるのでヒーターバルブのようです。
バルブもワイヤーも両方よくダメになるみたいですね。
今回はワイヤーが仕事をしていないパターン。

145.JPG

ポキっと固定するところが割れちゃってますね。

145 (12).JPG

こっちの切り替えのワイヤーも爆弾抱えてたようで。

145 (6).JPG

ヒーターバルブの方は以前に交換されているみたいですね。
ここまで来たならワイヤーも全部交換しちゃった方が良いです。

なんつったって、

145 (10).JPG

ダッシュの下半分全部取らないと手も入らないんです。
ここ取るにはここ外さなきゃだし…を続けるとこうなります(笑)

145 (5).JPG

だから新しそうなバルブもワイヤーも全部交換しちゃいます。
ダイヤルは手ごたえ感じたらそこから頑張るべからず、ですね。
タグ:アルファ145
posted by lente_ucd at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

2012年03月05日

ムルティプラの足回り

後期顔のムルティプラ、足回りリフレッシュです。

リヤのダンパーが床に油滴るほど抜けてるのでいろいろ交換。

mul (8).JPG

モンローのガス入りリフレックスで前後交換。
モンローを取り付けるときにいつも気になるのがエア噛み。

エア噛みまくってて何回ストロークさせてもジュププ〜という手ごたえ。
なので縮ませてぶら下げて放置、をちゃんと減衰出るまで繰り返します。
ちなみにフロントは立つんでその状態で放置します。
またまたちなみにオイルダンパーだと戻すのも人力なので非常に疲れます。

mul (9).JPG

アッパーマウントはザックス製にしてみました。
ロゴ・箱・響きのカッコ良さとなんとなく強そうという理由で(笑)

mul (10).JPG

スタビライザーのリンクもブーツ破れでガタあり。
ここのガタって結構気になるんですよね、荒れた路面でゴトゴトと。

交換後は前も後ろもゴトゴトしなくなって小気味良い感じ。
ものすごい変化ではありませんが普通にちゃんとしてるってのは良いもんです。
posted by lente_ucd at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 足回りのアレコレ

2012年02月21日

シトロエンのクラッチ交換

クラッチ交換、まずはSAXOから。

クラッチ踏むとシャーシャー音するんですよねぇ…、
という連絡があってから2週間後?くらいにレッカーで入庫。
シャーシャーじゃなくてムキャー!ムキャー!になっちゃいました。

saxo.JPG

ミッション下ろすとやはりレリーズベアリングが固着。

saxo (5).JPG

熱で樹脂が溶けちゃってますね。

saxo (4).JPG

外して見るとこんな感じ。
元々グリス塗ってあるんでしょうかねぇ?

サンクもここの渋さでワイヤーしょっちゅう切れちゃうし、
106、306なんかもワイヤーで渋さ直らないと原因ここですよね。

saxo (3).JPG

ミッション下りたついでなのでオイル漏れも直します。

saxo (6).JPG

このちっこいオイルシールを交換です。

saxo (7).JPG

さらにここまできたら…ということでフライホイールを軽量バランス加工。

saxo (8).JPG

結構削ってますがクロモリよりは変化が少ない…のかも知れませんね。
重さよりどこにマスが集中してるかが回転物は重要で。
社外のクロモリは外側軽そうな見ためしてますもんねぇ。

吹け上がりがそれ程鋭くなるわけではありませんが、
回転の滑らかさはバランスも見直してるので気持ち良くなってます。

クラッチもエンジン回転も軽くなってイイ感じだ!

と安心してたら今度は奥様用のC3もムキャー!と鳴き始めちゃいました。
こっちはエンジンかけるとずっーとムキャーーーー!つってます。

「ベルト?外してみますか、あ、やっぱ違いますね…」
「もしかしてクラッチじゃないですか?サクソに続いて…」
「まだ6万キロっすか?でも都会のマダムが前オーナーだったら…」
「なんかミッションの辺りすんごい焦げ臭いっすね…」

ミッション下のゴムのプラグ外す。
なんかの金属片がバラバラっと落ちる。

こんなやり取りをオーナーさんと一緒にして、
こっちもミッション下ろしましょうか(苦笑)と。

1.6のセンソドライブなので普通にクラッチあるんですよね。

c3.JPG

ミッションにたどり着くまで配線やらECUやらモジャモジャです。

c3 (5).JPG

サクソ以上に粉々っす。

c3 (4).JPG

こりゃ焦げ臭いわけだ。

c3 (3).JPG

粉々具合とかこんな感じで。

c3 (2).JPG

プレート自体もリベットが軽く当たるほど減ってますね。
やはりセンソとかセレとかはAT感覚で半クラ多用されちゃうんでしょうね。

直して初めてセンソって運転してみたんですけど、なかなか良いですね。
タグ:シトロエン
posted by lente_ucd at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ

2012年02月18日

アウトビアンキ、いろいろ。

久々にA112のお話でも。

赤バンパーレスのA112さんのサス交換。
持ち込み中古キットのフロントバネを、

a112.JPG

装着済みのKONIに入換。
リアは定番のワッシャーかましで。
35mmくらい下がった感じでしょうか。
肝心の施術後画像はありません…。

a112 (2).JPG

中古キットのOSRAV頂いちゃいました、ありがたや!
つけ根っこの穴ズラしてキャンバー付けてるみたいですね。
いつ使おっかな〜。

クルマ変わってうちの水色ジュニア。

a112 (12).JPG

キャブ交換しました。
肝心の新品の画像はありません…。
新品はやはり調子良かったりします。

あと、デュセリエデスビの点火時期について。
バキューム抜いて0〜5度で合わせる?ような。
従ってみたらこれもなかなか調子良いです。

お次は僕の黒A112のステアリングラック。

a112 (3).JPG

微妙に高いラックブッシュを買ってみました。

a112 (6).JPG

ニュっと入れて…、

a112 (5).JPG

パチっと外側からロックします。
中のブッシュが何用だかわからないのが残念ですが、
この2分割のケースがあれば樹脂から削り出して造るのが楽ですね。

a112 (4).JPG

タイロッドがガッタガタだったのでワッシャー仕込んで調整。
こんなのでもうまいこと節度が出たのでお勧めですよ〜。

今日は赤A112さんの車検終わりで納車。

a112 (10).JPG

フロントのロアアーム交換とアライメント。

a112 (11).JPG

ミッション側ブーツ交換とリアハブ交換。
いろいろシャッキリした感じです。

そして最後に、

a112 (8).JPG

得意のヤフオクで中古サンドブラスター買ったのでテスト。

a112 (9).JPG

ほほぉ…(笑)
一皮むきたい物があればお声かけくださいな。
posted by lente_ucd at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

2012年02月14日

トゥーランのオートマ

04年のVWトゥーラン、AT不良で入庫しました。

が、点火不良と水漏れも併発しているのでそちらを先に。

touran (15).JPG

水漏れはラジエターホースジョイントのプラスチックのクラック、
点火が1発死んでたのはイグニッションコイルでした。

touran (13).JPG

コイル死についでにプラグも交換。
変わった形の先っぽですね、高いわけです。

これでやっとオートマの不具合に着手です。

しばらく走ると変速ショックが大きくなったり変速しなかったり。
ちょいと検索するだけで沢山出てくるメジャーな症状のようですね。
アイシン製の6ATなのに、不思議ですね。

その対策はバルブボディ丸ごと交換しかないようで…。
普通に買うとえらい金額になるので輸入でもしてみようか、
と思ったらヤフオクで普通に出品されていたのでそちらを。

touran.JPG

オートマのオイルパンを外すとこんなのが見えます。
実にメカメカしてますねぇ、ロボロボに近いかもしれません。
これがバルブボディってやつです。

touran (2).JPG

最初に抜けたATFはこんな感じに黒々してます。

touran (10).JPG

オイルパンの磁石も鉄粉でこんもり。

touran (12).JPG

こんもりは取り除いてスクエアな本来の形に。

touran (11).JPG

新しいバルブボディとフィルターが取り付けられた、の図です。
オイルパンを取り付けてATFを注入して量を調整します。

このATFの量ってのは診断機で油の温度を見ながら調整しなくちゃです。
走って、抜いて、入れて、量見てを4回繰り返しました。

touran (4).JPG

最後に出てきたATFがこんな感じ。
溜まるとドス黒く見えますが実際はけっこう赤透明。

んで、その走りは…これが良いんですね〜。
6速もあるんでスパスパと変速して常にエンジン回転に余裕があります。
てことは、こんなに変速するから壊れやすいんじゃ…ってなりますが(笑)

でも、新しいバルブボディは対策品らしいのであと10万キロは余裕…でしょう!
タグ:VW
posted by lente_ucd at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ

2012年02月04日

ヨンゴーパンダ

赤45パンダさんの車検でした。

いつもの水と油の交換といろいろ。

まず、電動ウォッシャー化。
水鉄砲よろしくゴムポンプを押して出るタイプ。
いろいろ作ったりしてイイ感じにくっついたのですが、
写真が1枚も無いのでとにかくイイ感じだったということで。

そしてリアハブベアリングの交換。

45 (26).JPG

丸ごと交換するやつですね。
裏からネジ4本で締まってるだけなので交換は簡単です。

45 (27).JPG

キラッキラしてますねー。
ガタはなくてもゴロツキがあるなぁ、くらいで交換しても、
静かになってコロコロと軽く転がるようになるので気持ち良いです。

フロントのサスペンションはまずボールジョイントブーツの交換。
定番の国産にブーツに交換、邪魔だからロアアーム外してみたりして。

45 (23).JPG

ロアアームは強化ブッシュが入っております。
でもせっかくの強化なのに…。

45 (25).JPG

ユルユルのカラーが仕込まれてます。
カラーの方が幅広いので締めこんでもブッシュまで押さえられませんし。

なーんか走っててハンドルのセンターがアッチコッチ変わる…、
とオーナーさんから聞いていたので、これか、と。

ここで1mm動くと結構キャンバー変化しちゃいます。
キャンバー変化するとかなりトーが動いちゃいます。

ということで、

45 (24).JPG

ギッチリ刺さるカラーを作って挿入っす。
これでやっとブッシュがたわむようになるでしょう。

発見したぞ〜と意気揚々と走らせてみると、むぅ…。
変化は少なくなったけど右に曲がったらセンター右に、
左に曲がると左にズレる…ほんのちょいとヘンな感じ。

でもメインの箇所が直ったのでこっちは見つけるのは簡単。

45 (28).JPG

ニュ…

45 (29).JPG

ニュニュ…

っとステアリングラックの取付部分のブッシュの所でズレちゃってました。
ここも追加で交換してちゃんと真っすぐ走るようになりました。
真っすぐ走らないと何だか疲れちゃうクルマになってしまうので改善できて良かったです。

他にもタイヤ交換したりボンネットがパチンと開くようにしたり。

ヨンゴー、面白いクルマです。
タグ:パンダ
posted by lente_ucd at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 足回りのアレコレ

2012年01月21日

G4、TC2000を走る。

去年の話ですが。

ジネッタG4、初TC2000へ向けて高級タコメーターをインストール!
の前に…動かなくなったメーター回りのいろいろを修理っす。

g4 (39).JPG

べろろーん、とダッシュパネル外して配線のチェックです。
ダッシュパネル外す前のロールケージ外しが一番面倒だったりします。

配線がコネクターから抜けたりアース甘かったりヒューズ切れてたり。
と、タコのセンサー線をコイルの一次からに変更したり。

SN3J0140.JPG

高級タコメーターは元のより小さいのでアルミの塊からリングこさえました。
ただの輪っぱなんですけど無駄に張り切ってみました(笑)

g4 (40).JPG

取り付けるとこんな感じ。
スタックとの組み合わせがカッコいい!かな?と。

これでファイナル変更後の速度表示も正確に。
フラフラしてて分かりにくかった5〜6000rpmも正確に。
0-100km/hが公表値よりかなりかかる事もハッキリと…(笑)

準備は出来ましていざ、初TC2000ということなのでちょっと見学。

g4 (41).JPG

20分で6秒縮まったんだから次回が楽しみですね〜。
タグ:ジネッタ
posted by lente_ucd at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気系のアレコレ