Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2012年12月06日

プジョー307

307も106と同じような電動パワステですね。

ステアリングコラムに付いてるようなモーターの力で直接アシスト、
ではない方のMR2(SW20)のような電動油圧ポンプ式のアレです。

307 (10).jpg

右のヘッドライトの裏側にあるこのポンプ。
よく起こるトラブル箇所のようです。

オイルシールがダメになってフルードが違う部屋にいっちゃうとか、
Oリングがダメになって侵入した水が基盤をサビさせちゃう、とかとか。

この307も時々ノンパワステになるそうなので修理です。

307 (11).jpg

はい、おっ外れたら中身の確認をしてみましょう。

307 (9).jpg

Oリングから水が入った痕跡ですね。
ここからじんわり基盤の方に入ってオカシナことになるようです。

307 (13).jpg

タイミング悪い時にハンドル固まったら非常に危ないですよねぇ。
あんな時だったり、こんな時だったり、想像すると恐ろしいっす…。
なので、少々高くても素直に新品に交換しちゃいましょう。

あと、ついでに依頼されてたのが、ドライブベルト付近からのキュルキュル音。

307 (12).jpg

原因はクランクプーリーのゴムダンパーでした。
もっと派手に壊れてくれてれば分かりやすいんですけどね(笑)

青いマーカーの線は一直線に引いてあったものです。
エンジンかけると中心だけ一生懸命回ってたんでしょう。

こっちもお疲れさま、という事で作業完了〜。

の、1週間後にヒーターパイプからの水漏れ。
パイプの交換も終わったので、しばらくは問題無い、かな?と。
タグ:プジョー
posted by lente_ucd at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気系のアレコレ

カングーの排気系

カングー初期顔、1.4で走行距離多め(地球4周以上)です。

走行距離が問題なのでしょうか、

kangoo.jpg

ビシ。

kangoo (2).jpg

ビシシ。

っとエキマニにクラックが入っています。
例によって新品が微妙に高いので中古品に交換。

kangoo (3).jpg

5万キロくらいの中古なのであと10万キロくらいは平気でしょう(笑)
タグ:カングー
posted by lente_ucd at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 給排気系のアレコレ

2012年11月13日

5GTT

ブログが久しぶりになっちゃいました。
何だかんだで、もー、アレしてまして。

さて、サンクGTターボ、アレコレとやってみました。

まずは、排気漏れ。
エンジンかけるとペペチペチペチペペチ…と。

5gtt (39).jpg

IN&EXマニ外して。

5gtt (40).jpg

タービンとエキマニも分けておきます。

5gtt (38).jpg

エキマニのガスケットは漏れた排気でススだらけ。
タービン側の重い方がネジゆるんだり脱落したりしやすいみたいですね。
今回も3個ほどナットは無くなり、その他は緩んでました。

で、せっかく外したついでなので、

5gtt (33).jpg

元々は何も挟まっていないタービンハウジングにもメタルガスケットを追加。

5gtt (37).jpg

ダウンパイプとのジョイントも緩んでいるので増し締め。

このあとバンテージを巻いて装着、漏れなし、OK〜。
かと思いきや数日後に緩みまくってたのでまた巻きなおさなくちゃ…。
細いステンのワイヤーで締めたが失敗、伸びまくって話になりませんでした。

あと、排気漏れ以外に足回りを交換したり。

5gtt (33).jpg

AVOの車高調が付いてましたが、油漏れ・アッパーガタガタなのでSPAXに新調します。

5gtt (34).jpg

ちょっと低過ぎだった後ろのトーションバーも調整します。
スペシャルなワンオフツール(笑)で引っこ抜いて微調整。

5gtt (43).jpg

全部終わったらフロントのトー調整。
減衰は一番ゆるく調整して街乗りでもなかなかイイあんばいです。

まだまだ、続きます。
今度はブロアファン回らずの修理。

レジスターが怪しい、という事でクラシックミニのA/Cブロアファン用に交換。
したけど、あれ、動きませんね…。

アチコチ調べるとどうやら風量調整ダイヤルがイマイチなようです。

5gtt (45).jpg

いろいろ割れそうなプラスチックの中から出て来ました。

5gtt (44).jpg

パカーっと開けてこすってツメおこしてグリス塗って無事復活。
フォーっとちゃんと(微)風が出るようになりました。

さーって、納車の前にロードテストでもしよっかなー、
と思ったら、小雨の中でワイパー動かず…。

いつから動かなかったのか…今回動かそうとして逝ったのか…。

悩んでも仕方ないのでおっ外してみましょう。

5gtt (46).jpg

コロ。

5gtt (48).jpg

パカ。

5gtt (47).jpg

はっはーん。

ケースにアースされるべき板が熱持って断裂しちゃってます。
原因は何ともはっきりませんが、時間がない事もあり、
ここはハンダを盛ってくっ付けておきました。

またまたバラしたついでなので、

5gtt (51).jpg

ブラシの当たり面をイイ感じにしておきます。
グリスアップして組んだらイイ感じに動いてます。
とくに重そうな動きでもないんだけどなぁ…。

その他、

5gtt (50).jpg

この辺にもトラブルが出ましたが…まぁ、
何とかFBMへ向かえたようで良かったっす。

5GTT、やはり油断ならないクルマです。
タグ:ルノー5
posted by lente_ucd at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

2012年09月26日

休みました。

22〜25日までの休み。

DSC_0011.jpg

仕事を終えて深夜のシコーキに乗りまして。

DSC_0013.jpg

暑いところへ到着〜。

DSC_0014.jpg

ライオンがいるあそこです。

DSC_0015.jpg

お目当てはもちろん、やたら速いあのクルマたち。



街に響く18000rpmの爆音、浮世離れし過ぎです(笑)

DSC_0040.jpg

市街地でのナイトレース、全てがキラキラしてまして。

レース終了後は行列について行って柵乗り越えて…、

DSC_0044.jpg

わーわー、と。

DSC_0045.jpg

ホントに入っていいの?とキョロキョロしつつ。

DSC_0047.jpg

表彰式見たり、タイヤかす拾ったり、ポールポジションに座ってみたり。

なかなか過酷な週末でちっとも休んでませんが(笑)
かなり思い出深い観戦になりました。

チキンライスもムルタバも美味しかったし。
あー、また来れるように頑張ろうっと。

2012年09月21日

夏季休暇

今更ですが!

22〜25日は夏休みとります。
ご連絡はメールでお願いします。

2012年09月02日

X1/9

X1/9、エンジン不調です。

x19 (4).jpg

うーん、カッコいいなー(笑)

キャブは40DCNFのツインになってます。
1・2と3・4番でプラグの焼けが全然違うので開けてみましょう。

x19 (13).jpg

1・2番の方はプラグ黒く、濃いけど燃料出てる感じ。

x19 (2).jpg

3・4番の方はプラグ白く、燃料出てない感じ。
フロートに居るカスの分量がこちらは多いですね。
これが詰まってて燃料不足かな?と。

x19 (4).jpg

ズララーっと並べてOHしていきます。
OH終わって取り付けようかなー、と思ったら、んんん?

x19 (7).jpg

インマニの中に何故か緑色の液体…?
冷却系に圧かけるとインマニ内壁からタラタラーっと出てきちゃいます。
プラグがやたら白かったのはこっちが原因っぽいですね。

ヘッドからの冷却水通路を溶接で埋めて対処しました。
巣穴が沢山あって一か所ずつ攻めちゃキリなさそうだったので元から断ちます。
インマニ温めなくちゃいけない状況もあまりなさそうなんで問題無いでしょう!

キャブの取付はリンケージの改善も一緒に行いました。
ワイヤーで辛そうにムニムニ開けてたスロットルをエイヤと捨てます。

x19 (12).jpg

ロッドで直接開けられるようにキャブの向きを反転させて、
リンケージをいろいろと溶接でくっつけてあーでもない、こーでもないします。

x19 (11).jpg

こんな感じかな…。
いやいやいや、これじゃあすこが干渉しちゃうじゃん!
こっちにすると全開時の角度が悪いしなぁ…。
これでどうだ!…あ!加速ポンプに引っかかる!

などなど何度か造り変えて…。

x19 (3).jpg

最終的にこんな感じに。
もう少し優美にしたかったけど…。
ちゃんと同調も取れるようになったので勘弁して下さい(笑)

で、キャブ以外にも具合の悪そうなところがチラホラ。

x19 (10).jpg

デスビはポイント式(年式的にはフルトラらしい?)
ポイント式なのに低抵抗のマッチョなコイルが付いていて、

x19 (9).jpg

ポイントはこんな感じ。
見合った大人しいコイル付けないとすぐに荒れるんですよね。
コイル自体も熱持ってあっという間に死んじゃいますしね。
ポイント車にはボッシュの青コイルが安心かなと思います。

あとは細々と、

x19 (8).jpg

こんなの溶接して、

x19 (6).jpg

IN・EXマニの段差も何のそのワッシャーをこさえたり。
まぁ、無理やり締めても不具合なかったみたいなんですけど。
こだわってるっぽくてカッコいい、んじゃないかという自己満足です(笑)

さてさて、エンジンは入庫時よりは調子良くなりましたが、
まーだまだ調子良くなる余地がある感じ。

DCNFツインが必要以上に燃料を大盤振る舞いしてるようで。
加速ノズルで息ツキ、トップエンドもちょっと重〜い感じ。
プラグも6番じゃ辛いんで5番でなんとかかんとか…。
でも、とりあえずはこの段階までで完了とします。

やり残しはいろいろと合わせて今後のお楽しみという事で。
はやく調律とれたアンサの快音が聴きたいな〜。
タグ:X1/9
posted by lente_ucd at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2012年08月13日

Renault

ルノー、不思議なメーカーです。
妙な魅力があるクルマが多いですね。

抜け出せなくなっちゃって数台目とか。
いつまでも「ありゃ良かったなー」と忘れられないとか。
どんどん古い年式に手を出しちゃうとか。

そんなルノー、まずはトゥインゴ。

エンジンマウント類の交換です。

twingo (2).jpg

ミッション側と真ん中のマウント。
真ん中のはなかなかしんどい所にくっ付いてます。

twingo.jpg

ミッション側のゴムの塊、近づいたところ。
それほどバックリいってませんね、表面の亀裂くらいで。

twingo (3).jpg

真ん中、同じく近くで見てみると。
こっちはバックリ系ですね、交換後に嬉しい変化が期待できます。

この2点でかなり良い感じになりました。
高速での回転系のぶれも収まったとか。
ミッションごと動いてワナワナしちゃってたんでしょうね。

後日、エンジン側のマウントも交換しましたが、
こっちはそれほど痛んでなかったのであまり体感できないかな?

お次はメガーヌ2.0のMT。

内気外気の切り替えモーター&歯車ユニットが良く壊れるみたいですね。
ガツガツガツガツ!という異音が非常に気になる壊れ方です。

これまたしんどい所にありますが、
ダッシュボードなんて外したくありません!
イテテー!と言いながら手を突っ込んだら外れてくれました。

megane (8).jpg

モーターユニットの中身はこんな状態でして、
歯抜け・歯倒れがところどころみられます。
イテテテー!っと新品に交換して事なきを得ました。

さてさて、サンクGTターボ。
いろんな意味で危ないクルマですね。
危なさの分だけ楽しいのでタチが悪い(笑)

5gtt (32).jpg

純正生地でセンター貼り替えレカロ、これイイですね〜。

こちらのGTTはシャコチョにブーストアップと過激な1台です。
うちの眠ってるGTTもいつか…いつか精悍な姿で復帰させたいな、と。

最後にルーテシア、2のフェイズ2です。
白306の後継としてうちにやってきました。

本日、車検を取って乗りまわしてみましたが…。
どうってことなく、そこはかとなく、なんかイイ!

これでいっちょルノーのお勉強しようと思います。
所有しないと分からないお作法や不満などありますもんね。

やっぱり怖いのはDP0かなぁ…。
posted by lente_ucd at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

2012年07月26日

白306

代車&自家用冷房車として登場した白306。

306 (5).JPG

うーん、やはりカッコええ!

代車に借りて気に入ってくれてた方が「これ、売りものですか?」と。
あー、うぅぅ、売るつもりは毛頭なかったんだけど…。
クルマ屋ですからねぇ、売ってくれと言われちゃぁ…。

絶対他に売らないでくださいね、という事で一時手放すことにしました。

納車の前に少しずつやろう〜っと思っていた箇所をアレコレ。

306 (14).jpg

マフラーは中間もエンドも両方交換。
3速で「ウンガー」っと唸っていたので排気が怪しいと思っていまして。

306 (12).jpg

外してゆすると錆びた中身がワサワサと出てきます。
これじゃうるさいわりに進まないですね。

306 (13).jpg

他にも水油やらゴムの塊やら棒やらなんやら。

ジュルルーとエンジン軽く回ってスムースライドなイイあんばいになりました。
やっぱりイイわー、と寂しくなりましたが…(笑)

これから始める306、アリだと思いますよ〜。
タグ:プジョー
posted by lente_ucd at 21:05| Comment(3) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ

2012年07月02日

そういえば、

6月でここを始めて3年経ちました。

おかげさまで、

heshbon.JPG

ズズズ…

heshbon (2).JPG

ズドーン、と。
門型の2柱リフトもゲットできました。

工具買うために働いてる、
ってよく聞きますがこういう事なんですね…(笑)

効率は上がってるはずなので良しとしましょう。

4年目も宜しくお願いしますー!

2012年06月29日

またまたトゥーランのAT

ホント、よく壊れるみたいですね。

路上でトゥーランの初期型見ると、
「変速ショック大丈夫なのかなぁ」
と気になってしまいます。
余計なお世話ですよね(笑)

で、バルブボディ交換の2台めです。

touran (19).jpg

下から見た図。
このメカの1個2個の部品がダメなだけなのでしょうが、

touran (17).jpg

ゴソっと外して丸ごと交換します。

touran (18).jpg

最初に抜けたATF。
組付け後はATF入れて抜いての繰り返し。

touran (16).jpg

2回目、

touran (9).jpg

3回目〜、でちょっと赤くなってきたのが分かるでしょうか。

ATが直るとやはりトゥーランは良いクルマです。
AT壊れなきゃなぁ、ってのはセニックもですね。

このテのクルマにMTの設定があ…ってもちっとも売れないんでしょうね(笑)
タグ:VW
posted by lente_ucd at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ