Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2009年06月22日

バルブクラッシュ

続・ティグラのエンジンです。

ヘッド取ってピストン上部が見えたとき、
ピストンにバルブが当たっちゃったのかなぁ、
という痕跡があったのですが、

tig_2.jpg

やっぱり曲がってました…(悲)
排気側バルブ、全部ダメですねぇ。

クラッチが粉砕した状況がサーキットでの全開走行時で、
「もしかしたらレブっちゃったかも知れないんですよねぇ…」
というオーナー氏の嫌な予感は的中してしまいました。

曲がったステムがバルブガイドまで砕いてしまってます。
うーん、思ったより重症ですね…。

あと、バルブを全部外してヘッドを裏返しにしたら
ステムシールがポロポロと落ちてくるじゃありませんか!

オイルが減るとは聞いてたけど、これじゃ減りますよねぇ。
他のヴィータの人たちもオイル消費が激しいらしいですが、
出荷の時点でステムシールのハマりが甘い可能性大ですねぇ。
タグ:オペル
posted by lente_ucd at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

ヴォグゾールエンジン

といっても、ケータハムとかではなく、
オペルティグラのエンジンです。
エンジンミッションはヴィータの1600マニュアルに換装してあります。

tig_1.jpg

筑波2000でクラッチが粉砕してから紆余曲折を経て、
エンジンオーバーホール+シリンダヘッドライトチューン
みたいな内容での作業を進めております。

GMのエンジンさわるのはスーパーセブンのヴォグゾール以来。
やっぱカチッとしてズシッとしてますね。
いじくり倒してブン回しても応えてくれそうなエンジンです。

今回はそんな激しいことはやりません。
バランスとってポートの段付き修正して面研して〜ってな感じです。

ヒュンヒュン回って長持ちするエンジンにしたいですね。
タグ:オペル
posted by lente_ucd at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

155TS

アルファ155のタイミングベルト交換です。

今回はIN側をチョロっと高回転よりにバルタイずらしてみたり。
推定クランク角で2〜3度くらいでしょうか。

155.jpg

ついでに、軽量アルミプーリー装着。
FL○Cで売ってたウン馬力アップするらしい代物。

これ、アレですね。
ベルトがかかるところの径がちっちゃくなってるんですね。
見た感じで明らかに小さいんで、おや?と思いまして。
ノーマル140パイ→あれ、忘れちゃった…125パイだったかな?

ということは、
プーリー径を小さくして負荷を少なくしてるんですね。
ベルトも純正の中で短いやつが指定らしいです。
軽量なだけではなかったのですな。

オルタとかパワステポンプとか回転数が少なくなるんじゃ、
アイドリングでの発電量とかハンドルの重さとか、
その辺まずいことになったりしないんだろうか?

という心配は(外国製品だけに)あったんですが、
その辺はうまいこと不具合が出ない小ささみたいです。

オーナー曰く、
「回転の上がる感じが全然スルドイな〜」
「上まで回した感じが前よりスムーズだね〜」
「なんか一速の出足も良いような気がするな〜」
と好感触の模様。


で、

それはバルタイの効果なのか、プーリーの効果なのか…。
それとも全て気のせいなのか…?

誰も知る由はありません…。
タグ:アルファ155
posted by lente_ucd at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

FIAT500

エンジン止まっちゃったんで修理ついでにこれまたイロイロと。

500.jpg綺麗なFIAT500です。

アバルトマフラーにしたり、
電磁ポンプつけたり。

パタパタパタ〜からバタバタバタ〜に変わりました。

結局、エンジン不動の原因はコンデンサーの配線切れ。
国産のコンデンサーにしたんでしばらくは大丈夫かな、と。
posted by lente_ucd at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

プジョー206のエンジンチューン

過去の仕事。

プジョー206のRCでもS16でもない普通のXSのエンジンです。

P1m.jpg

これにFCRつけてカム入れてアレとかコレとか、一通り。
エンジン回すと点火時期が上死点後20度で固定。

むむむ…。

ボッシュのECUで電子スロットルやらABSやらエアコンやら制御してるらしい。
インジェクターつながってないだけで点火時期が大幅にセーフモード突入。
106みたいにポコッと付けて普通に走ってくれないのですね。

結局、点火だけEMSというコンピューターで制御することに。
「比較的」安くてサーキットメインなら十分な性能だと思います。
ノーマルのクランク角センサーで読み込めますしね。
タグ:プジョー
posted by lente_ucd at 14:00| Comment(3) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ