Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2011年09月05日

シュペールさん

えーっと、しばらく前にヘッドを外して、

5at (3).JPG

キラリーンとしてたシュペールサンクのヘッドの続きです。

5at (13).JPG

こんな感じにバルブの擦り合わせと当たり面のチェック。
思いの外イイ感じです。

5at (17).JPG

ついつい、ここだけでも…とか言ってカドを少々落としたり。

1.7のOHCエンジンのバルブクリアランスはシムにて調整。

5at (32).JPG

いろんな厚みのこんなシムを砥石でシャーコシャーコと削って微調整。
削って組んで測ってはまた削って…の繰り返しで規定値のクリアランスにします。

と、ここで震度6弱の地震。
いろいろあってしばらーく時間が空いて、

5at (27).JPG

さー、ヘッド載せますよ。
その前にこの堆積物は除去した方が良さそうです。

5at (29).JPG

キラリーン、と。
いやー、気持ちイイですねー。

5at (30).JPG

載せて、ワサワサある配管やら配線やらを元通りにしていきます。

5at (31).JPG

荷札と記憶を頼りに完成です。

粒のそろったエンジン音と軽い出足。
少々グモモーっとした重いフィールはどこへやら。
ヘッドのOHだけでもかなり見違えますねー。

圧縮漏れの修理だけならこういう変化は期待できないでしょう。
せっかく頭パカーっとやるんなら、ねぇ?(笑)
タグ:ルノー5
posted by lente_ucd at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年08月07日

GC8のオイル漏れ

インプレッサGC8の油漏れ。

gc8 (10).JPG

左右バンクのカムシールからタラタラと。
タイベル時期だった良かったのですがすでにディーラーにて交換済み。

gc8 (9).JPG

カム、クランクでオイルシール5個。
なぜか未交換だった音出てるアイドルプーリーも交換〜。

gc8 (8).JPG

何となくこんなの作ってみたり。

SN3J0121.JPG

ラックのこの辺からも漏れがあり、部品交換で直りそうだったのですが、
部品の値段よりリビルドラックの方が安かった(笑)
posted by lente_ucd at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年07月18日

ツインスパーク

アルファ156のTS2.0、タイミングベルト交換です。

156 (5).JPG

社外品でイイあんばいのがたくさん出回っているので、
だいぶ費用も抑えられるようになってきましたね。

んまぁ、カムカバー開けてカムロックツール取付したり、
バランサーベルトとテンショナーが以外と高かったり、
やっぱり普通のガイシャと比べても高いんですけど(笑)

156 (6).JPG

最近作ったバランサーベルトテンショナーを張るためのモノ。
これがあるとかなり楽です。

156 (4).JPG

ブロックから出てるガイドに偏芯穴あわせてクイっと回せば張れます。
タイベルのテンショナーの方も同じような仕組みですね。

何台も見込みあれば買おうかなー、とか作ろうかなー、
って気になりますが、やはり納得いかないんですよねぇ…。

6角レンチで回せるようにしといてよ!
っていつも思います(笑)
タグ:アルファ156
posted by lente_ucd at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年07月07日

MEGANE

DAYONEと書いてダヨーヌ、
ANONEと書いてアノーヌ、
CHOCCHINEと書いてチョッチーヌ
MEGANEと書いて、そうメガーヌです。

タイミングベルト&ウォーターポンプの交換です。

megane.JPG

ヘッドの後ろにこんなカム位置決め工具をカマし、

megane (3).JPG

ブロックの穴からこんな棒をさしてクランクの位置を決めます。
これらの位置が決まったらいろいろネジ緩めてベルトをはずします。

なんでそんな工具が必要なのかしら?と言うと、

megane (2).JPG

クランクのコグドプーリーがくるくる回っちゃうからなんです。
キー溝はありますがキーは入っていません、罠ですね(笑)
位置決め工具使わずにずにバラしていくといろいろ面倒みたいですよ。

megane (4).JPG

バラしついでにスロットルもチェックして。
ついでなんで一応洗っておきます。

megane (7).JPG

6万キロのタイミングベルト。
ムギュ〜っと折ってもヤバそうな感じはしないですね。
まぁ、でもこればっかりは使用状況によって様々でしょうね。

megane (6).JPG

こっちはドライブベルト。
お疲れ様な感じですね。

megane (5).JPG

交換された部品たち。

これで12万キロまでは安心して乗れますね〜。
タグ:メガーヌ
posted by lente_ucd at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年06月07日

FIAT FESTA 2011 の続き

A112、新しい500、SZ、ルーテシア、X1/9で関越をひた走ります。

ジュニアはやけに快調、クーラーも効いてて快適に移動。

ff (74).JPG

駐車場はこんな感じ。
205のXSがイイ感じ。

ff (46).JPG

道中一緒だったX1/9は弟の会社の社長さんのクルマ。
甲高いエキゾーストとクイックな平行移動は外から見てても楽しいはずだと分かる(笑)

ff (43).JPG

シュノーケルもキッズに「サメだぁー!」つって喜ばれますしね。

到着後はまずジムカーナを見なくちゃいけませんね。
じーーーーーっと見てたので写真も動画もありません。

駐車場をギュルギュル走ってるだけでしょ?
って想像している以上に見てて楽しいもんです。
走ればもっと楽しいんだろうなぁ。

出場車は、

ff (67).JPG

トロフェオ。
「え?軽じゃ…」とか乗り越えた先のカッチョ良さ。

ff (68).JPG

128のジャンニーニ。
ラリーもいいけどジャンニーニってのもオツですねぇ。

ff (72).JPG

131のアバルトじゃないやつ。
131レーシングでしたっけ?ボルメトリーコでしたっけ?
このスッキリしたボデーは味わい深いですねぇ。

ff (66).JPG

シリーズ5のA112。
これは綺麗でカッコ良かったなぁ〜〜。
とにかくセンス良い感じでした。

あとは展示車?ですかね、

ff (60).JPG

ただならぬ雰囲気ですね。

ff (62).JPG

037ラリーの…ストラダーレじゃないですよねぇ?
元々ラリーに出てたんだぜ!っていう殺気を感じました。

駐車場はといえば、

ff (49).JPG

久々に会った155。
こっそりプロジェクター仕込んだヘッドライトが悪ーい感じ(笑)
かきの種ウマい!またどこかでね〜。

ff (53).JPG

911T、これも素敵ですね〜。

ff (55).JPG

パン…

ff (54).JPG

ダァー!
パンダリーノの次の週なのに、皆さんお好きですねぇ(笑)

ff (73).JPG

ワイテン、最後のアウトビアンキですもんね。
この次のイプシロンも萩原流行みたいで好きです。

ff (81).JPG

空冷の方の500と600のアバルティックな3台とX1/9。
イジくっちゃった!っていういたずらな感じ、好きだなぁ(笑)

ff (79).JPG

フォーフォーのリヤ。
フォーフォー、何だかいつでも気になる1台です。
持ってる人いたら乗せて下さい(笑)

えーっとあとはA112ですね。

ff (80).JPG

去年もたぶん写真撮ってますね(笑)

ff (78).JPG

いやー、綺麗!
うらやましいー。
ステージ6のスッキリ具合も良いですね〜。

ff (38).JPG

うひゃー、これも美しい!
ヘッドライトのレンズカットも美しかった…。

ff (75).JPG

道中ご一緒だった白アバルトさんのアンダーガード。
これは作りモノなのか、売ってるものなのか…?
トラクション棒みたいな効果もありそうだし、良いですねぇ。

ff (63).JPG

そして、

ff (64).JPG

みんカラでやりとりさせてもらってるK氏のステージ5、モリモリっすね。
初対面で緊張しちゃいましたが、楽しいお話しできました。
クイックシフターが尋常じゃないクイックさで笑えました(笑)

ff (42).JPG

昼メシあたりからポツポツと雨が降り出しました。
そろそろ帰っか?混まないうちにねぇ、
ということで15時くらいには会場を後にしました。

いやー楽しかったなー、あれカッコ良かったなー、
とホクホクしながらX1/9の快音を聞きながらの帰り道。

関越、あら、渋滞してるの?
う、うぅ、結構渋滞だな、こりゃ。

あ、やば、頭痛いなぁ…いつもの編頭痛だなこりゃ。
あら、あらら!頭痛薬持ってくるの忘れちゃった!

えらい渋滞の中、冷えピタおでこに貼って運転を続けます。
ダラダラと走行を続けていると…エンジンが…ん、あれ?

キャブ詰まりっぽい症状がだんだん酷くなってきたので高速は無理そう。
ここで降りて下道で帰るしかないかぁ、というところでまだ川越…。

頭は痛いし、クルマは止まりそうだし、
いやー、帰りはホント、辛かったです(笑)
まーでも、一回手押しで路肩寄せた以外はなんとか家まで走り切りました。


こういうリスクを背負って、トラブルも覚悟で向かうから楽しいんです!
いや、むしろ壊れてくれないと楽しくないはず!!


嘘です!クルマは調子良い方が楽しい(笑)

イベントって楽しいですねー。
posted by lente_ucd at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年05月27日

赤プジョー

赤いプジョーまず1台目。
うちの弟に今っぽいプジョー納車。

r&r.JPG

弟はこういうハイソな板金塗装屋さんで働いてて、
フィアット127とかルノーセニックとかプジョー306とか乗ってたり。

「7人乗りで洒落ててハンドリング良くて安いヨーロッパ車なんかねぇかい?」

と言われても…。
7人乗れるかどうかで探した事なんてないですからねぇ(笑)

「プジョーの307って良さそじゃね?」

え、307って7人乗れるやつとかあんの?
あー、SWってのが後ろにちょこんと2脚あんのね。
あんまし壊れないし部品も安いし評判も良さそうだし、イイんじゃん?

PAP_0126.JPG

ということで307SWに決定。
最近のプジョーにさほど興味が無かった僕ですが、
こ、これは想像と全然違ってかなりグググッ!とくるクルマですね〜。

とにかくいろんな所がじんわりと良いんです。
アクセルの踏み始めのレスポンスが気になるかな?というくらいで。
AL4も進化してたんですね、スムースでヤバそうな動きはありません。
んー、これはうちの306の後継にイイなぁ…。

あ、307の隣の205もそろそろ、路上復活です。
地震やら何やらですっかり保留になっておりました。
307とは打って変わって痛快!なクルマですねー。
車検とってATオーバーホール後のチェックで乗り回してみます。

あともう1台、赤いプジョー。

106r (5).JPG

テンサンラリー!

106r (3).JPG

まぁ…けっこうボロい感じで。
ピンクでサラサラでハゲハゲで。

106r (14).JPG

名車なのでもったいないですからね。
エルテックさんにて美肌マッサージ。

106r (18).JPG

じゃじゃーん。
あ〜、カッチョいい(笑)

こっちももうちょいで納車かな?
詳しい内容はいずれ。
タグ:プジョー
posted by lente_ucd at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年05月07日

ルノー5GTターボ

よく登場します、ガンメタ5GTTです。

今回は…地震の揺れで(笑)ホースが裂けて湯気がモクモク。
水ポンプ〜インマニ間の細いホースが原因でした。

5gtt (20).JPG

これ、13,800円します!
長く乗るならサムコのフルキット輸入した方が安上がりでしょうね。

水漏れ直り、電動ファンが動くまで水温上げて〜、
と思ったら待てど暮らせど回りません。

ラジエターについてるスイッチは大丈夫、ちゃんと反応してます。
2個ついてるリレーもちゃんと動きます、カチカチと。

あまり壊れて欲しくないファン自体が壊れてました。
水温上がり気味の漏れ期間がトドメだったのでしょうか。

5gtt (21).JPG

ブラシ減ってるとかじゃなくて消滅してます(笑)

5gtt (27).JPG

お相手も削られてこんな感じ。
こりゃウンともスンとも言いませんね。

あのホースで13,800円じゃ電動ファンなんていくらするのか??
戦々恐々としながら壊れたモーターを拭いてると"MITSUBA"の文字が。
ミツバ?んん?あ、良く見るとファンシュラウド加工してあるのね。

調べてみるとミラージュのコンデンサーファンを過去に流用していたようで。
新品のモーターに綺麗なファンまでくっついて11,000円〜。

5gtt (28).JPG

このファンよりホースの方が高いんですからねぇ。
純正ファンはどーにか国産くっつけたくなる値段なんでしょうね。
タグ:ルノー5
posted by lente_ucd at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年02月21日

アルミラジエター

ジネッタG4のラジエター交換です。

ブレーキの前後調整をシムの移動でアレコレしてて、
バオーンと試乗してもらって、うん、良くなった良くなった、
なーんてしてたらラジエターから湯気がモクモク。

という訳で漏れたラジエター交換です。
国産アルミ製16万かー、アメリカでこさえてもらうと幾らかなー、
と検討してるとオーナーさんが国内でちょっと安めなのを発見。
外国で作ったりするリスク考えるとそっちの方が良さそうですね、と。

g4 (4).JPG

やっぱしアルミは軽いですねぇ。

g4 (8).JPG

G12と共通らしく、"だいたい"の形でやってきます。

g4 (7).JPG

両脇のアルミ板切ったり穴開けたりFRPのファンシュラウド切ったり穴開けたり。
こんな感じにキラーンとくっ付きます。

g4 (6).JPG

エア抜きのバルブが付いてたり、

g4 (5).JPG

ドレンが付いてたりして便利ですね。

鼻先軽くなってハンドリングが劇的に!という変化はありませんが、
さほど変わらない値段ならアルミ製に…というのは人情ですよね(笑)
タグ:ジネッタ
posted by lente_ucd at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年02月11日

ムルティプラ

ムルティプラ、車検といろいろでした。

タイミングベルト周りをいろいろ交換したり。
マーキングしてこそーっと交換しようと思いましたが、

mul (2).JPG

微妙〜に半コマずれちゃいます…。
どうやら毎度カム位置出して交換した方が良さそうですね。
あぁ、ということはアレを買わなくちゃいけないのですね。

mul (5).JPG

こうなりゃフィアット系大体カバーできるこんなのを買っちゃえ、と。
ムルティプラ以外にも、クーペ、バルケッタ、プント、ドブロ、ブラーボ、ブラーバ、
挙句の果てに絶対使わないであろうディーゼルエンジンまでカバーしてます(笑)

mul.JPG

上死点見るためのこんな便利グッズも付いてるし、
車種ごとに揃えるよりは安いし、といっても高いけど(笑)

mul (6).JPG

カムの後ろ側のカバーを外してですね、

mul (4).JPG

こんな位置決めのやつを、

mul (3).JPG

カバーの代わりにはめて位置決めします。
カムプーリーは中心のボルトを緩めるとフリーに動くので、
1番シリンダーの上死点を出してベルト張っていろいろやってイイ感じにさせます。

他に外れてもなかなか出てこないウォーターポンプやら、
脱着に悩むエアコンベルトやらも交換して作業完了です。

エンジン・ミッションオイルはロイヤルパープル。
特にミッションは冷間時からの入りなど相性は良さそうです。

エンジン・ミッションマウントかストラットアッパーマウント…?
この辺で怪しいくたびれ音を出してそうなのが今後の懸案ですかね〜。

ムルティプラ、初めて乗ってみましたがコリャ良いですね〜。
見きりが良いので幅の広さもあまり感じないし、クイクイ回るし。

マニュアルのみという日本市場を無視した設定もステキです(笑)
posted by lente_ucd at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年02月07日

ヘッドからの圧縮漏れ

ルノー5、1700ccのOHCエンジンです。
最近サンクの記事が多いですね(笑)

電動ファンスイッチの修理後、冷却水のエア抜き中に…。
ゴボ…ゴボボ…ゴボブシュシュ…??

ん…アレ?もしかして…。
いやでも水温上がったのも短い時間だったみたいだし…。

ある程度水温が上がると噛んでるエアではない気泡が出てきます。
エンジン回転数に応じでゴボ…ゴボボボ…と。

リークテスターで見てみるとやはり燃焼ガスが混じっている模様。
ヘッドガスケット交換と状態によってはヘッド面研磨が必要ですね。

という訳で、

5at (2).JPG

ヘッドを外しました。

5at (11).JPG

こちら外れたヘッド。
フラットで燃焼室のないタイプ、KENTエンジンとかと同じですね。
ピストントップの凹みが燃焼室という訳です。

5at (10).JPG

1番4番にそれらしい痕跡アリ。

5at (9).JPG

1番シリンダー、洗って軽くオイルストーンかけるとこんな感じ。
爪が引っ掛かるほどのキズ、これが燃焼ガスの吹き抜けた跡です。

5at (8).JPG

1番より浅いですが4番もこんな感じ。

5at (7).JPG

ヘッドガスケット側はこんな感じ。

5at (5).JPG

こっちにも痕跡が見られますね。

5at (6).JPG

ちなみに抜けてないとこんな感じ。

ヘッドの歪みは0.04mm以下なのですが、この吹き抜け跡を修正するのに面研。

5at (3).JPG

キラリーン、と。
何となく馬力上がりそうな輝きですね(笑)
ちょーっと圧縮上がるんで何かしらの変化はあるかもしれません。

5at (4).JPG

バルブに堆積したカーボン。
添加剤でここのカーボンが消えて無くなるようなイメージCGとかありますが、
そんな簡単に落ちるもんじゃ無さそうですけどねぇ(笑)

5at (12).JPG

ここがキレイになるとフィーリング良くなると思います。
鏡面に仕上げると尚良しです。

あとはバルブの擦り合わせ、クリアランス調整、ステムシール交換などなど。
完成後のあんばいが楽しみです。
posted by lente_ucd at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年02月04日

ツインスパークのタイミングベルト

アルファ147のタイミングベルトです。

147.JPG

ベルトにテンショナーにWポンプなど。
バランサーベルトもあるんで部品点数は普通より多いですね。

しかし、アレですね、アルファ/フィアット/ランチアのタイベル交換は…

147 (2).JPG

いちいちこんな工具使ってカム位置決めたりベルト張ったり。
同じツインスパーク、V6でも排気量で使う工具に互換が無かったり。

マーキングでもイケるっちゃぁイケるんですけど…、
交換後に調子悪くてやり直し〜、を考えると素直に使った方が良さそうです。

バランサーベルトのテンショナー工具は今回作ってみました。
買った方が楽なんですけど安いのが欠品してたもんで。
ネットの画像見てこんな寸法かなぁ?でもちゃんと使えました(笑)

次回はいつ使うのかなぁ…(笑)
タグ:アルファ147
posted by lente_ucd at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2011年01月24日

Renault 5GT TURBO #4

サンクGTターボもやっとこ納車出来ました。

5gtt (12).JPG

ポンプとフィルター交換で始動性も改善されて良い感じです。
チカラも前より出てしまい、今度はクラッチの感触がすごーく不安ですが…。
あまり急加速しないように騙しだまし乗ってもらうという方向で(笑)

5gtt (22).JPG

あと、このシフトレバーに付いてるスプリング。
折れてたのでワイヤーロックでとりあえずつなげてみました。
シフトのフィールがかなり良くなるので5GTTオーナーさんは要チェックですね。

あとはいつまでクラッチが持つかですなぁ。
メンバー下ろしなんで大変なんですよねぇ…(笑)
タグ:ルノー5
posted by lente_ucd at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2010年12月02日

アクティ

HH5アクティが車検で入庫です。
最近やったのと同じ型式なので気が楽です(笑)

shiba.JPG

オーナーさんに頂いた芝の鉢植え(笑)
この清々しい雰囲気がカッコ良くないですか?

さて、アクティですが車検と
タイベル交換、エンジン不調の修理も一緒に。

エンジン、確かに1気筒死んでるような感じです。
排気も生ガス臭くて点火が怪しいのかな?と。

パワーバランス見ると2番がダメ。
でも、プラグはOK、点火コイルもOK。
一応インジェクターも位置変えてみますが、
やはり2番シリンダーの不調は変わらず。

んじゃぁ…圧縮だけ計っておきますかね。

1番13.5、3番13.5、で問題の2番…2.0!あらら!
ヘッドガスケット抜けたくらいじゃこんなに低く出ないですし、
水が抜けるとかオーバーヒートも無かったようです。
ブローバイの量も異常は見られなかったし。

バルブ周りが問題ありそうなんで…ヘッド下ろしです。

acty (6).JPG

ヘッド下りました。
2番の燃焼室側からみた排気バルブです。
左側が欠けちゃってますねぇ。

acty (5).JPG

外して2本並べてみます。
見事に溶けちゃってます。

他の3本のバルブに異常は見られないので、
たまたま素材の不良…なんですかねぇ??

とりあえず1本だけ交換して擦り合わせして組み付けます。
よく溶けるとか対策品が出てるとかだと他のも交換するんですけどね。

タイミングベルトの交換と一緒だったのが不幸中の幸いですかね。
周りの消耗品もひと通り交換して、冷却水のエア抜きをよーくして完成です。

shiba (2).JPG

頂いた芝もこんなに伸びちゃいました。
他にATFも交換して調子はすっこぶる良くなりました。
ほぼ2気筒だったので当たり前なのですが(笑)

あと10万キロくらいはひた走りそうっすね〜。
posted by lente_ucd at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2010年10月03日

E46 318i

BMWのE46、318の異音とオイル漏れ。

まず、異音から。
エンジン回転と同期したカンカンカン…という音。

雨の日の冠水道路に突っ込んだあとから音が出たそうで。
まさか水吸ってエンジン壊れてるんじゃ…?
とちょっと思いましたが、メタルの音じゃなさそうだし、
オイルやインテークまわりに水が入った痕跡も無し。

音の出所はブロックかフライホイールか?という微妙な所。
簡単な所でフライホイールからチェックしてみます。

318i.JPG

やっぱり!(笑)
どうやら水に浸った状態で速く回転すると、
抵抗でこのプレートがめくれちゃうみたいですね。
ペニペニっと曲げて元に戻して音は消えました。

音の原因が割とあっさり直ったので、
オイル漏れの方をどうにかしましょうか、と。

一番漏れてるのはバキュームポンプ。

318i (5).JPG

交換後の写真です。
狭ーい所にあります。
排気カムの後ろ側で駆動されてます。
ブレーキの倍力に使う負圧を担当してます。

318i (6).JPG

ついでなんで滲んでたカムカバーガスケットも交換。

318i (7).JPG

ほっほぉ、これがバルブトロニックですねぇ。
スロットルの役目を担う可変バルブリフトの機構。
ポンピングロスが少ないので負圧ポンプが必要みたいですね。

318i (4).JPG

外したポンプ。
よく漏れるみたいですね。
そのくせ5万くらいするのは困ったもんです…。

318i (3).JPG

オイル交換時期になると警告灯が点灯、
そのくらいの量が漏れたアンダーパネルの状態。
これ以外にエキマニに付着して燃えた分も。

318i (2).JPG

ちょっと拭いておくか、のつもりが(笑)
まぁ、光り輝いて気持ち良いですが。
漏れてもすぐに分かりますし、ね。
タグ:BMW
posted by lente_ucd at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2010年09月16日

グランデプント

タイミングベルト交換とちょいちょい。

gp.JPG

カム、クランクの位置を決める特殊工具を使って、
カムカバーガスケットまで交換しますよー、
というのが正しい手順だと思われます。

そこまでしないで社外パーツで費用を抑えてやってみます。
社外ウォーターポンプの方がペラが金属製で安心だったり(笑)

gp (2).JPG

タイベル・ウォポン・ドライブベルトの交換と、
ついでに目に入った3mmしか残ってないパッドも交換で。

ウォポンは液体シールでメチョーッ!とくっついてます。
これ外すのが一番苦労するポイントではないかと。

さて、デュアルロジック・1400ccのグランデプント。
ちゃんと4人乗れる室内と明るい内外装、
リッター17〜8キロの燃費、Egオイルも2リッターちょい。
ちょいとお洒落な街グルマとしてはかなり良いですね〜。

強いて言えば…、
もっとタイヤが細くてパドルがあれば言うこと茄子です。
フィアットの中では地味な存在ですが、そこがまたイイ(笑)
posted by lente_ucd at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2010年07月30日

燃料フィルター

FDの修理完了〜。

FD (2).JPG

いやー、しかし"スポーツカー"っすね。
スーパーカーと言ってもいいかもしれない。

FD.JPG

立ち往生の原因は燃料フィルターかと。
ガス欠症状からストール、でも翌朝は始動可能。
フィルター詰まりで良くある症状ですね。
キコキコ開けて見てみましょう。

FD (4).JPG

紙が巻いてあるタイプですね。
うーん、10万キロ超えてるんでさすがに真っ黒。
ポンプも怪しいのですがとりあえずこれを交換しないと、
何とも言えないので様子見てみます。

FD (3).JPG

んで、フィルターの場所っ!
デフの上のこんな狭い隙間しか無かったんでしょうか?(笑)
タグ:FD
posted by lente_ucd at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2010年07月22日

連休、日・月曜日

で、日曜日は越谷でライブ。
年に何度かライブやったりします。
調子に乗ってギター弾いたりします。

さて月曜日。
E36のM3リムジンのドラブベルト交換。
ファンカップリングを外さないと中々入り組んだ作業です。
こりゃ専用工具買った方が良さそうです(笑)

で、まぁ、何とか交換してエンジンかけて下からチェック。
変な音も無くスムースな回転でグッとジェントルに変身…、
したのですがどこかから排気漏れの音が。

SN3J0104.JPG

4・5・6気筒側のエキマニのフレキシブルからの漏れです。

bm (2).JPG

良く見るとこんな感じ。
純正新品で30万?とかする立派なエキマニ。
社外品も20〜30万はしちゃう交換も大変なエキマニ…。

ここで漏れるとその先にあるO2センサーの値にも影響します。
以前の診断結果で456番側にエラー有だったとのことなので、
漏れが直ればいろいろと改善されそうだと期待できます。

とりあえず応急処置をして修理方法を検討します。
エキマニ外さないで比較的簡単、かつ長持ちする方法を!
タグ:BMW
posted by lente_ucd at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2010年07月13日

A112Jrの納車整備

影練でマニュアル操作への自信を深めた、
うちの奥さんへ納車ですが(笑)

まず、水漏れしてたウォーターポンプ交換。

000112 (14).JPG

クーラーコンプレッサーとオルタ外して。
クーラー付きはやっぱりメンドクサイっす。
でも今のところ効ききそうだから取っ払いはガマンで(笑)

このクーラー、ベルトが2本がけのタイプなんですね。
この方法だとWポンプのプーリーは大きいまま使えました。

000112 (10).JPG

念のためこんな冷え冷え剤も投入しておきます。
モクール…親しみやすいネーミングですね(笑)

000112 (11).JPG

ついでなんでマウント類の交換も。
振動がビリビリと車体に伝わっていたので。

000112 (12).JPG

手前からエンジン側・ミッション側・新品。

000112 (13).JPG

こんなに高さが違ってました。
エンジン側なんて本体が着地しちゃってました(笑)
やたらと振動が伝わるわけですね。

水温も振動もイイ感じになりました。
まだまだ整備は続きます…。
posted by lente_ucd at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2010年06月22日

ただのセダンじゃないんです。

珍しくAMGです(笑)
C36、3600ccの280馬力とかあるんですねぇ。

PAP_0104.JPG

最近買ったんだけど水温高めで電動ファン全開に回りっぱなし、
壊れてたファンカップリング交換してもあまり変化なし、
ということでサーモのチェックとエア抜き。

C36 (3).JPG

サーモを外してみると温度設定がC36用と違うらしいです。
87度は普通の2800cc用で、C36だと開き始めの温度が違うんですって。

C36 (2).JPG

どうせ交換するなら、試しにスルー仕様で様子見てみましょう、と。
丸ごとサーモ抜いちゃうとシールが心配なのでわっかだけ使います。

で、最後にエア抜きするとやたらとボッコボコ出てきます。
このエア噛みの量だけで十分ヒート気味になりそうです。

サーモ破壊とエア抜き後は水温も安定してイイ感じです。
寒くなったら(笑)C36用のサーモを入れれば完璧ですね〜。

で、この時はE36のM3Bリムジンのオーナーもいらしてて、

SN3J0116.JPG

パッと見普通のセダンなのになんだかイカついんだよなぁ…、
という通好みな羊の皮かぶり系の2台が揃ってました(笑)
posted by lente_ucd at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ

2010年06月18日

シュペールサンク・LLC漏れ修理編

さて、サスアッパー、ドライブシャフトと来て、
次はエンジンマウント交換編の予定でしたが、
今回は予定を変更いたしましてLLC漏れ修理編です。

結構な量のLLCが突然漏れ始まったとのこと。
Eg、T/Mマウント交換時に上下に動かす必要があるので、
ホース類が少々干渉したり突っ張ったりする事があります。
気を付けてたんだけどなぁ、その影響かなぁ…?と。

0005.JPG

バンパーを外して付近が見やすくなりましたので、
冷却水のラインに圧をかけて漏れ個所を特定しちゃいましょう。

0005 (2).JPG

あらら!プッシ〜〜〜!と小さな穴から吹き出てます!
うっかり覗きこんでLLCシャワーを浴びたりしてます。

うーん、干渉したような跡もないし…不思議な穴だなぁ。
付近にこんな穴をあけるような鋭利なものもないしなぁ。
外したらよく観察してみようと思います。

※以下追記〜

005 (4).JPG

さて、外れたので4枚におろしました。

005 (3).JPG

ここがプッシ〜〜〜!と出てた小穴です。
表からマジマジと見ても針で突いたような穴です。
ゴムのひび割れも無くまだまだ使えそうに見えます、

が、裏側を見ると…

005 (2).JPG

おぉ、ザックシ割れてますねぇ。
あの小穴は氷山の一角って感じだったんですね。
ここは丁度ホースがねじれる位置なんでキツそうですし。

少し前にウォーターポンプの漏れも直ってるんで、
ちょっと高くなった内圧で進行したのかもしれません。

早めの対処で余計なレッカー代もかからずにすみましたね(笑)
タグ:ルノー5
posted by lente_ucd at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ