Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2014年05月20日

まだまだアルピーヌV6ターボ

まだまだ続きます、アルピーヌ。

前回まででエンジン組上がったので、
今回はタービンのオーバーホールです。

軸にちょっとガタあるかな?くらいなので多少のことを気にしなければ使えたのですが、
オイルラインに水も侵入してるから心配だなぁ、と思いながら水冷却のラインを覗いてみると、

v6tb (172).JPG

錆…?

v6tb (170).JPG

うわぁ、錆だ!

んじゃ、こっちのパイプの中も…。

v6tb (169).JPG

v6tb (168).JPG

錆でした(笑)

ハジングの中は錆でミッチリ詰まってて水が通過してなかったようです。
これじゃタービン冷せてなかったよなぁ、と心配になって開けてみました。

v6tb (155).JPG

やはりシャフトはこんがりと七色に焼けておりました。

v6tb (156).JPG

スラストベアリングやブッシュはそれほど酷い状態ではなかったです。

v6tb (167).JPG

右の360度切れ目のないスラストを使ってOHしました。

v6tb (165).JPG

v6tb (164).JPG

こんな感じで滑る面が増えるから回り易かろう、というアップグレード品?です。

v6tb (200).jpg

バラしたパーツはブラストして耐熱塗料でお化粧しときます。
組み時点だけでもキレイだったら気分が良いじゃないですか(笑)

v6tb (197).jpg

で、完成〜。
タグ:アルピーヌ
posted by lente_ucd at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97137863

この記事へのトラックバック