Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2013年08月10日

Alpine GTA ギヤボックス

今日は暑い、暑すぎるので溜まっているブログを…。

アルピーヌV6ターボ、ゆっくり進んでます。
エンジン下ろさなきゃミッション出ないのでそっちもOHで、です。

v6tb (72).JPG

UN1というギヤボックスですがいろんなルノー以外のクルマに使われているようです。
エスプリ、デロリアン、アメリカンV8積んだレプリカ、などなど。
デフを逆に組めばミッドシップにも対応できるので便利なんでしょうね。

まずは外側を眺めてみます。

v6tb (67).JPG

ここでデフサイドベアリングのプリロード調整。
逆側には調整機構が無く、バックラッシュはシム入れるしか方法がなさそう。

v6tb (65).JPG

ギヤオイルの入れ口。
こんなコンモリ塗られてると不安がよぎります…(笑)

ま、なんとか消耗品の入手もできそうなのでバラしてみましょう。

v6tb (55).JPG

パカッ、と。
あまりオイル交換されてなかった感じの色と匂い。

v6tb (51).JPG

切り粉がこのくらいなら少ない方、かな?

v6tb (80).JPG

歯の異常な摩耗や虫食いなどなく、イイ感じ。

v6tb (77).JPG

デフの中身も大丈夫、一安心。

v6tb (79).JPG

ベアリングもシンクロもシール・ガスケット類もほぼ揃います。

v6tb (75).JPG

ケースをプシューっと簡単に塗装。

v6tb (84).JPG

合体前の様子。

v6tb (81).JPG

デフサイドベアリングのプリロード調整。
何キロで回ればOK、という計り方。

そんなこんなやって…、

v6tb (82).JPG

完成〜!
ふぅ…。
タグ:アルピーヌ
posted by lente_ucd at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72198408

この記事へのトラックバック