Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2012年12月17日

オートマちっく

オートマ、欧州車に乗ると悩みの種ですね。

まずはまたまたトゥーランのバルブボディ交換。
毎回同じなので写真はもういらんですよね?(笑)

今回はちょっと新しい年式でして、いつもの注入口がないです。
仕方がないのでドレンから逆流させて入れましょう。

touran (20).jpg

という事でこんなのこさえましてドレンから手動ポンプでチューチュー入れました。

touran (16).jpg

抜けたATFはこんな感じ。

touran (9).jpg

このくらいの赤さでもう一回新油入れて完了。
アイシンの6速ATはちゃんと動くとやはり気持ち良いです。
サッササッサと変速してまことに具合よろしいです。

んで、お次はシトロエンのピカソ。
クサラの方のピカソですね、どっちが前?みたいな方の(笑)

こちらもAL4のATF交換します。

picaso (2).jpg

こんな感じが、

picaso (3).jpg

こうなって、

picaso.jpg

これになって、新油入れて完了〜。

2台まとめて紹介したのはですね、
今回からマイスターのGXっていうATFにしてみたからです。

これは…ちょっとイイ感じだと思いますよ。

AL4(DP0も)のシフトダウンでちょっとつんのめるようなあの感じ、
あれがずいぶんと穏やかになって、シフトアップも軽い感じ。
チョイ乗りでも「こんな感じだったっけ?」と思うくらいです。

ソレノイド交換!って症状までいってなくて、
もうちょい普通のATっぽくならないかなぁ?
くらいなら多分、嬉しい効果が期待できるような気がします。

オートマに関しては控えめの表現にさせて頂きますね(笑)
タグ:VW
posted by lente_ucd at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60838519

この記事へのトラックバック