Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2012年12月06日

プジョー307

307も106と同じような電動パワステですね。

ステアリングコラムに付いてるようなモーターの力で直接アシスト、
ではない方のMR2(SW20)のような電動油圧ポンプ式のアレです。

307 (10).jpg

右のヘッドライトの裏側にあるこのポンプ。
よく起こるトラブル箇所のようです。

オイルシールがダメになってフルードが違う部屋にいっちゃうとか、
Oリングがダメになって侵入した水が基盤をサビさせちゃう、とかとか。

この307も時々ノンパワステになるそうなので修理です。

307 (11).jpg

はい、おっ外れたら中身の確認をしてみましょう。

307 (9).jpg

Oリングから水が入った痕跡ですね。
ここからじんわり基盤の方に入ってオカシナことになるようです。

307 (13).jpg

タイミング悪い時にハンドル固まったら非常に危ないですよねぇ。
あんな時だったり、こんな時だったり、想像すると恐ろしいっす…。
なので、少々高くても素直に新品に交換しちゃいましょう。

あと、ついでに依頼されてたのが、ドライブベルト付近からのキュルキュル音。

307 (12).jpg

原因はクランクプーリーのゴムダンパーでした。
もっと派手に壊れてくれてれば分かりやすいんですけどね(笑)

青いマーカーの線は一直線に引いてあったものです。
エンジンかけると中心だけ一生懸命回ってたんでしょう。

こっちもお疲れさま、という事で作業完了〜。

の、1週間後にヒーターパイプからの水漏れ。
パイプの交換も終わったので、しばらくは問題無い、かな?と。
タグ:プジョー
posted by lente_ucd at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気系のアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60573059

この記事へのトラックバック