Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2011年12月19日

GT1300Jr

1300jr.JPG

アルファロメオGT1300Jrの車検です。
どっからどー見てもカッコいいクルマですねー。

車検以前にソックスタイプのエアクリがボソボソになって、
ファンネルの網目を抜けてキャブに吸いこんじゃってエンジンかからず。

まずは2基のウェーバーDCOEをオーバーホールします。
スポンジカスと緑青で3割くらいの穴は詰まっちゃってて。

1300jr (7).JPG

ガソリン漏れ漏れの燃料ポンプも交換。
インシュレーターはまだ大丈夫そうなんでそのまま。
アクセルリンケージのブッシュが一箇所ユルユル過ぎるので交換してみます。

1300jr (8).JPG

なんて気軽に始めたらペダルの方まで一体何ですね、これ。
左ハンドルだともっと簡単に外れるのかな?

1300jr (6).JPG

ユルユルの所をズボっと引きぬいてみると先人の苦労の跡が。
シリコンかブチルか?とアルミテープかなんかで応急処置してあります。

1300jr (4).JPG

キャブとペダル付いたままの作業だとしたらなかなかしんどいですよ、これ(笑)

1300jr (3).JPG

悪い癖でもっとキッチリならないかなーなんて、ついついうっかり。
ポリアセタール樹脂、ジュラコンとかデルリンとか呼ばれるやつでこさえてみました。
ジュラコン・デルリンはちなみに商品名だったりします、デュポンとかの。
食品用ラップをサランラップって呼んじゃうのと同じですね。

エンジンがフヴァンフヴァンと快調になったので他も点検してみましょう。

1300jr (10).JPG

ウイーン、カチャン、カチャン、と持ち上げます。
そう、そうなんです!何だその持ち上げてる機械は?って話ですよね。

2年と6ヵ月ウマとジャッキでやってきましたがついに、
おバンザイ製の中古パンタリフトを買うことが出来ました。
リフトすげー、とあらためて実感しております。

さて、ウィーンと上げてあちこち見てみますと、

1300jr (2).JPG

前輪がクルクル回せないほどキャリパーが出しゃばって固まってます。

1300jr (9).JPG

パカリと割ってオーバーホールしてこちらもまことにイイ感じに復活。

他にはグリスニップルのある所にグリスをムチョムチョ入れて、
普通の2年ごとの点検・整備と水油を交換したくらいで終わり。

この段付き、スッドのお客さんが20年以上所有していたクルマなので、
いろーんな所に対策やメンテナンスがしてあって機関は非常に良い感じです。

車検は容赦ないCO/HCの量で苦労しましたが調整して無事に通過。
調子良く走るようになったので次の車検までは乗る頻度が増えるかな?と。

キャブが腐らない程度に乗ってあげないと、ですからね(笑)
posted by lente_ucd at 17:39| Comment(4) | TrackBack(0) | その他作業のアレコレ
この記事へのコメント
寒くなって一層絶好調〜となっていますので、
レンテさん企画で一発集まりたいですね(にやり)
その際は、このGT1300Jrさんを予約でお願いします(笑
Posted by 94 at 2011年12月20日 20:58
え!企画…。
そういうイベント事の先頭に立つのがかなり苦手デス(笑)
ジュリアさんも筑波山とかなら来てくれるかな。
前向きに検討します…!
Posted by レンテ at 2011年12月22日 21:31
ボクも呼んでください(笑)
Posted by パパイヤ at 2011年12月26日 20:28
え!パパイヤさんまで…。
うー、えー、前向きに検討いたします(笑)
Posted by レンテ at 2011年12月27日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52114144

この記事へのトラックバック