Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2011年11月22日

トーアウト?

後タイヤがひどく片減りしちゃう、
というアルファ147の修理です。

左タイヤ前後をヒットして一度修理済みとのおクルマ。
車両を確認してみると目をゴシゴシしたくなるほどのタイヤの向き…。

左後ろのタイヤがどー見ても明後日、いや明々後日の外側へ向いています。
覗いてみると確かにロアアームは1本真新しいので交換されているようです。
でもトー調整のボルトはいじった形跡なし。

測らんでも…なついでにとんちんかんな向きですが一応トーを測ってみます。
アウトに4度半…いや5度?目盛り振り切ってて測れません、鬼アウトです。

逆にフロントは3度くらいの鬼インでした。
つじつま合わせるのに斜めに走らせてハイOKな感じのような。

147 (18).JPG

走行3〜4,000キロでタイヤこんなになるほどです。
これじゃぁあんまりなのでリフトアップしてどうにか出来るか、
もしヒドイ損傷で仕方なくこの状態だったとしても、
どーにかこーにか今よりはちょっとはマシになるでしょう、と作業開始。

日帰り作業だったので写真なくて分かりにくいと思います、すんません。

あ、これだと原因は上げてすぐ、見える所でした。
ハブ側のボルトがグンニャリ曲がったままですもん。
アーム交換したんだからこれも見逃すはずないのに…?

んー、ま、いっか(笑)

ボルトをプレスで真っすぐにしてアライメント取って、
スムースにコロコロと走るちゃんとした状態に戻りました。

良かった良かった〜。
タグ:アルファ147
posted by lente_ucd at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 足回りのアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50815118

この記事へのトラックバック