Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2011年11月13日

グランデプント

1.4の8バルブのグランデプントです。
車検と一緒にちょいちょいと。

まずは基本、油脂類の交換。
水とブレーキフルードを交換して、
エンジンは最近やったんでまた今度にして、

ミッションはデュアロジック…
つい先日までデュアルロジックと呼んでました(笑)
でも中身は普通のギヤなんでギヤオイルの交換。

オイルの入れ口どこだ?と探してたらこんなとこ。

punto.JPG

デュアロジックオイル?セレオイル?タンクの後ろに隠れてます。
おーここか、ここか、という前に…嫌でも目に入りますね、

punto (4).JPG

このタンクの中の黒々とした液体が…。
なんか、ちょっと、アレですよね、交換したくなりますよね?
黒々液を抜くにはタンク外すしかなさそうですね。

punto (3).JPG

はい、抜いて新しいオイル入れてみました。
んで、ドア開けてニュニューっとユニットに吸い込ませて…

punto (2).JPG

しばらくして見ると元通りくらいの黒さ。
墨の如し黒さなんですね古いオイルは。
このあともう一回やって続きはまたちょっと走ってからにしましょうか、と。

交換したからといっていきなり変速が速くなったりしませんが、
多分なんか悪い事が起きる予防にはなると思います。

あと!バッテリーも交換したんですが、意外な所であせりました。
交換後のアイドリングが何故が絶不調…止まりそうなハンチングの繰り返し。

えー、なんだよもー、といろいろ調べてみましたが原因分からず。
ところで、エアコン入れるとアイドリング不調は…あ、直るのね、ふむふむ。
でもエアコン切るとダメなんだろうな…ってあれ?直ってる。

どうやら、バッテリー交換後は一度エアコン入れてアイドルアップを学習…するのかな。
電子スロットルでいろいろ制御してるんでリセットされると変になっちゃうみたいです。

新しいクルマは新しい形のトラップがあるんですね、勉強になりました(笑)
posted by lente_ucd at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50321762

この記事へのトラックバック