Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2011年10月31日

ST162

トヨタのコロナの2.0GT-Rです。

st162.JPG

なーんか、良いカタチですね。
装飾なんかも気合入ってるしメカニズムも凝ってます。
景気の良かったころのクルマだぞ!って感じですねぇ。

コロナに3S積んで5速とかイメージにあまりないですよね。
最後に名前聞いたのがコロナプレミオ、とかですかねぇ?

気になったので調べてみるとやはりプレミオが最後で2001年までですね。
その歴史は44年と5カ月ですって!凄いですねー。

昭和63年式のこのコロナ、クラッチスッカスカー、で入庫です。

st162 (2).JPG

原因はクラッチマスターシリンダーからのフルード漏れ。
あれれ、なんかおかしいなぁ、という予兆はあったらしいのですが、
そこから本格的に切れなくなるのは案外あっという間なんですよね。

マスターとレリーズ、両方新品にしてフルードも入れ替えて修理は完了〜。
あっさり部品が出るんですね、これならまだまだ乗れそうです(笑)

外装にダメージを与えなければなければ、ですが!
posted by lente_ucd at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49658161

この記事へのトラックバック