Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2010年10月30日

E36 M3B 関節リフレッシュなど

排気漏れ修理のM3Bリムジン、
一緒にブッシュ交換やらいろいろ作業。

まんず後ろの足回りから。
トレーリングアームボディ側のブッシュ交換。

m3b.JPG

こんな感じの丸いのを旋盤とグラインダーを使ってこさえまして、

m3b (23).JPG

こめかみに血流を感じながらメキメキとブッシュを押し出します。

m3b (22).JPG

バキンッ!と折れたか?というくらいの音がして抜けてきます。
サビでよーくくっついちゃってるので頑固でしたねぇ。

m3b (21).JPG

で、逆の手順で押し込んで交換完了。
仮組みして1G位置をチェック後、締め付けます。

お次は調整式ピロアームの取付。
ネジ2本でポロリ外れるからついでに〜、
なんて思ってたら、あれれ、と。

m3b (20).JPG

デフに当たってボルト抜けないんですね…。

m3b (16).JPG

このくらいデフをずらしてアレコレするとどうにか抜けます。

m3b (17).JPG

抜けました。
あ、写真が反対側で分かりにくいてすね…。

さてホイール側は普通に抜けるだろう、
なんて思ってたら、こっちもそうはいきません。

m3b (19).JPG

ボルト固着で切り落としたりブッシュ壊してやっとこ抜けました。
ということでブッシュ交換も追加です。

m3b (18).JPG

ここもブレーキバラしてバックプレートずらさないと抜けませんでした。
専用工具でもあれば簡単に抜けるんでしょうかねぇ。

m3b (15).JPG

あと、アクスルカラーも今回仕込んであります。
スタビのリンクとブッシュ交換してリヤは完了!ふぅ…。

さーて、フロントに移ります。
フロントもロワアームのボディ側のブッシュ交換。

m3b (14).JPG

こっちはプレスで入替出来るのでちょっと楽です。
アームに差し込むのが人力だとちょっと無理っぽいので、

m3b (12).JPG

SST?(笑)で差し込みます。
プレスって程のはめ合いではないのですが手じゃ厳しいですね。
ちなみにM3C用の偏芯してないモノに交換してます。

その他スタビリンクとブッシュ、ラックエンドの交換しました。

m3b (2).JPG

こう見るといっぱいあるなぁ(笑)

最後にアライメントを調整して関節リフレッシュは完了です。
床の水平出して、糸張って、テスター当てて、ってないつも通りのアナログなやつです。
実際に乗った感覚で最後に微調整して…うん、イイ感じ(笑)

時間も費用もかかりますが、クルマが若返りますね〜。
タグ:BMW
posted by lente_ucd at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 足回りのアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41536963

この記事へのトラックバック