Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2010年09月13日

GC8 RA シフトリンケージ

インプレッサです。
車検時にシフトのグラグラを修理。

gc8 (7).JPG

シフトリンケージのクロスジョイント?でガタがあります。

以前にクラッチが戻らなくなる症状の修理時に、
ミッションを下してケースの交換をしたのですが、
(レリーズベアリングのスライド部の偏摩耗のため)

「ここのブッシュ、ヴィヴィオみたいにガタ出るのかな〜」
と思って眺めてたのでやっぱりか!と。

ミッションメンバーを外して、打ち込みのピンを抜くと、

gc8.JPG

こんな部品が出てきます。
4個のブッシュのうち1個は消滅してました(笑)

外してから気が付いたのですが、
簡単に分解できない構造で普通はAssy交換らしいです。
でも、フィーリングの向上を期待してブッシュ製作してみます。

gc8 (6).JPG

カシメを削り取って分解した様子。

gc8 (5).JPG

POM材でこさえた遊びの少ないであろうブッシュ。
まぁ…新品の感じを知らないので想像ですが(笑)
素材とサイズの変更で遊びは制限されるかな?と。

gc8 (3).JPG

削り取ったシャフトの代わりに加工ボルトで取付。
取付後はガツガツと頼もしいフィーリングです。

シフトノブとリンケージのレバー比が大きいので、
この辺のちょっとした変更で雰囲気はかなり変わるようですね。

他の場所の強化ブッシュなんてのもあるみたいですが、
クロスジョイントだけで十分カッチリすると思います。

gc8 (2).JPG

あと、コレ、このフタ。
屋根くり抜いてA112に付けたいなぁ(笑)
posted by lente_ucd at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40682634

この記事へのトラックバック