Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2010年09月07日

赤いA112

A112のキャブOHと足回りの修理。

まずは非常に調子の悪いキャブから。

000112 (21).JPG

キャブはオーナーさんストックの物をOHして使用。

000112 (20).JPG

不調の原因はフロートレベルとジェットの詰まり。
あと、バタフライの位置も悪かったですね。

程度の良いキャブと新品ジェットでイイ感じに。
さーてテスト走行だ!と思ったらアレレレ!!

ステアリングがおかしいとは聞いていましたが、
反対車線まで移動しちゃうくらいのフラフラ加減です。
サスペンションのどこかが動いちゃってるみたいですね。

000112 (22).JPG

左ロワアームのボールジョイントがガタガタです。
まだイケそうな中古があったので交換します。
交換には結構な数の部品外さないとなんです。

k112 (23).JPG

で、スタビまで外したところで、おや…?と。
スタビ付け根のフレームが溶接はがれちゃってます!
なるほど、ここが主な原因だったのね、と。
ボールジョイントのガタだけで…と思ってたらやはり。

k112 (2).JPG

溶接し直してシール塗って塗装して完了〜っす。
エンジン載ったままだとやりにくい場所ですねぇ(笑)

000112 (5).JPG

反対側のスタビ取り付け部分もグズグズだったので、
こんな感じのモノを削出してしっかりと固定します。

000112 (17).JPG

土台がちゃんとしたのでアライメントを。
まずはキャスター角を測ります。

000112 (16).JPG

スタビエンドのシムで調整。
入れたり抜いたり地道な作業です。

000112 (26).JPG

で、最後にトー調整。
アレコレ試して微妙なインで決定。

アクセルオン、オフ、ブレーキング、
いろいろ試して問題無いか確認します。

これで怖くないクルマに戻りました。
タイヤの偏摩耗も少なくなると思います〜。
posted by lente_ucd at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 足回りのアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40585567

この記事へのトラックバック