Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2010年09月02日

306のオートマ

我が家のプジョー306、AT交換終了〜。

今回は中古のZF製4HP14を入手し交換しました。
症状からするとバルブボディの洗浄だけでも…、
と思ったのですが14万キロ走ってたので一応丸ごと。

回りの部品をあれこれ外していきます。

00306.JPG

バネを縮めないと外れないショック、面倒くさいっす。
でもこのプリロードが猫足に一役買ってるんでしょうね。

00306 (10).JPG

5万キロ走行の中古AT、バルブボディ外した図。

00306 (11).JPG

セレクターの部品が真っ二つに割れてます。

00306 (9).JPG

これ以外にも水が入った痕跡もあったので交換してもらいます。
まぁ、格安中古品なんでこんなこともありますよね。

00306 (8).JPG

次に送られてきたATはイイ感じです。
バルブボディは一応分解して洗っておきましょう。

00306 (2).JPG

鼻歌交じりで分解するとえらいことになります(笑)
2個あったから元に戻せましたが…。

00306 (7).JPG

ついでにステアリングラックブーツも交換しておくかなー、
なんて気楽に始めたらこれがなかなか。

00306 (3).JPG

一番確実なのはここまでバラして交換みたいですね…。

00306 (4).JPG

反対側も案外なかなかなのでこんなの作って、

00306 (5).JPG

ブスーっと差し込んで入れます。
ふぅ…306のブーツ交換って大変なんですねぇ。

無事に交換し終わったATですが、経過は良好です。
変速ショックも減り、スイスイ進みます。

しばらくは頑張ってもらいたいと切に思います(笑)
タグ:プジョー
posted by lente_ucd at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40493378

この記事へのトラックバック