Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2009年12月28日

インプレッサ

GC8のRAのSTIの4型です。
ハブベアリングとキャリパーのオーバーホールです。

ハブベアリングガタでパッドが押し戻される、
ブレーキ踏むと「プス〜」と床付近まで入っちゃう!
という症状だったので一応キャリパーもチェック。

SN3J0108.JPG

4POTキャリパーですね。
ピストンが好き勝手に出てくるのでバラすのはちょっと手間です。

GC (7).JPG

分解・洗浄・消耗品交換・グリスアップで組み付けて完成。
変なカジリやサビも無かったので良かったですね。

で、今度はハブベアリングを分解していきましょう。

GC (2).JPG

おっとぉ…ハブ側までガシガシになっちゃってます。
こりゃハブも新品に交換しなくちゃですね。

GC (3).JPG

キラリーンと新品が輝いております。
この頃のインプってベアリング弱くて有名みたいですね。
このクルマも交換後3万キロでこの有様ですからねぇ…。

GC (5).JPG

そんなに弱いくせに新品ベアリングには頼りないグリスが…。
これホントにこのまま組んじゃってイイの?って感じです。
なので洗って違うグリスに詰替えちゃいます。

GC (4).JPG

しつこいようですがまたまたロイヤルパープルです。
中国版新幹線もこれ使ってるらしいですよ。
http://www.royal-purple-industrial.com/machlub2/ml2p1.html
NSKのベアリング使ってるのにこれじゃないと持たないんですって。

そう、走り出した瞬間に違いがハッキリと分かる!
ようなアレではないですが(笑)耐久性は上がってるはず。

ドライブシャフトのジョイントなんかにも良いらしいので、
LSD入れると砕けるプジョー106のCVジョイントや、
サーキット走るとブーツが破裂するアルファなんかにもお勧めです〜。
posted by lente_ucd at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34433762

この記事へのトラックバック