Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2009年11月12日

チンクエチェント

fiat500 (35).JPG

手前の青いチンクエチェント
エンジン不調のためアレコレ修理です。

アイドリングからのアクセル踏み込みで息つき。
プラグは真っ黒でかぶり気味、ということでキャブから。

fiat500 (47).JPG

メインジェットがなぜか#160というビッグなサイズ。
フロート調整その他やってジェットを普通に戻せばOKかな?

と思ったらそうは簡単にいきません。
結局アイドルジェット穴をハンダで微調整したり、
バタフライの調整、メインジェットの穴径変更、
どこかから二次エア吸ってるかどうかチェック、
あちこちチェックして普通に走るようにセット。

でも不調だった原因がイマイチはっきりしません…。
新品に交換しちゃえば話は早いのでしょうが、
こんな小さいキャブでも安くはないですしねぇ。
これでもうっちょと頑張ってもらいましょう。

ま、調子自体は上がっているのでイイセンかな?と思います。

fiat500 (44).JPG

次はエキゾーストガスケットの吹き抜け。

fiat500 (42).JPG

マフラー側が良く抜けちゃうんですよね。
そろっとマフラーずらして交換しようかな〜、
と思ったらまた、そうは簡単にいきません。

fiat500 (41).JPG

ボルト固着でボッキリ折れたのでマフラー丸ごと外しっす…。
んで、このレコルトあたりはメンバー取らないと外れなかったりして。
こんな感じで。

fiat500 (43).JPG

折れたスタッドボルトをドリルでもんで抜こうかな〜、
と思ったらまたまた、簡単にはいきません。
すっかり錆びて一体化しちゃってこりゃ無理です。
これは中古良品に交換しました。

fiat500 (40).JPG

やっとこ目的のガスケット交換です。
ここは良〜く抜けるんで空冷VWのガスケットを流用します。
以前試して調子良かったのですっかりお気に入りです。
ちょこっと加工すれば使えます。

fiat500 (45).JPG

最後にここ、エンジンマウントです。
アイドリングでゴトゴトゴトとボディに振動が伝わってました。
強化スプリングに交換すると振動が…、と良く聞きますが、
スプリングの強さ云々以前に何かに干渉してる音です。

よーく観察すると写真のシムで調整している部分がイケてないらしく、
ズバッとシムを抜くと強化スプリングでも非常に快適(500基準)です。
エンジンが持ち上がった時に触れるリバンプラバーの隙間の問題ですね。
ここか〜、と分れば簡単な話なんですけどね。

そんなこんなでイイ感じです。
しばらくは安心して走り回れるかと。

トコトコ走ってる姿が一番かわいいですからね。
posted by lente_ucd at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ
この記事へのコメント
色々と整備して頂き、有難う御座いました。
おかげさまで、だいぶ調子良くなり安心して
運転することが出来るようになりましたよ。
息つきは普通に走る分には全然気になりませんでした。
感謝です!
Posted by やまき at 2009年11月13日 00:34
いえいえこちらこそ!
そう言っていただけると嬉しいです。
ブンブン乗り回しちゃって下さい(笑)
今後ともよろしくお願いします〜。
Posted by レンテ at 2009年11月13日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33604697

この記事へのトラックバック