Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2009年10月13日

コンピューター

さて、オペルティグラです。
ちょっとずつ、進んでます。

他のクルマからチューニングエンジンを載せ換えてます。
このドナー車、珍しいルーメニションのフルコン制御でした。
赤外線フルトラのイメージしかなかったんでちょっとびっくりです。

ハイカムとスライドプーリーを取付けるとカムアングルセンサー付けられないし、
どうせ燃調と点火もいじらなきゃだし、
「この際フルコンしかない!とことんやるぞ!」
という流れかどうかは知りませんが(笑)
とにかくかなりの気合で造ったクルマと思われます。

凄〜〜く丁寧に組まれていてそのまま使っても良かったのですが、
セッティング用のソフトも手に入らないし、
操作マニュアルなんかももちろん見つからない…。
サイトでダウンロード出来るのは後継機種のソフト。
一応つないでやってみましたがデータ読み出せません。

オペル.JPG

という訳でEMS44で制御することになりました。
ついでにイノベートの空燃比計もセットで。
今後のことも考えるとこれがベストでしょう、と。

オペル (23).JPG

本体はこんな感じ。

エンジン入れ替えの際にティグラのハーネス類はドナー車へ。
ティグラには純正ハーネスやらいろいろは残ってません。

オペル (27).JPG

結構大胆にフルコン化されているので配線たどって調査です。
純正ECUでも残っていればもう少し調べようがあるんですけどね。

このイグナイターからMSDに入って、えーっとこのコイルは何かの純正かな?
あれ、純正のメーターはどこからつないで動かしてたんだろ?
クランク角センサーに抵抗が入ってるな、電圧落としたのかな?

ってなてな具合で???だらけの状態からスタートっす。

独立スロットルにもなっているので、燃料、負圧のラインも純正とは全然変わっているのでそれもこちらに移植してあります。

なーるほど、と大体理解できたところでEMSの配線に取り掛かります。

オペル (25).JPG

これがインジェクターの1番でこれが水温でこれがO2センサーで、
と分別しておかないとワケ分らなくなります。
ワケ分らなくなる自信があります!(笑)

.\

あとはしかるべき場所につないでいけば配線は終わります。
よーく注意して落ち着いてあせらず作業しなくちゃですね。
あとあと配線ミスを追っかけることになると大変ですからね。

こんな感じでやっとこさ取付終わっても、
その次の設定とセッティングからが本番。

ひとつひとつ確実に、
と自分に言い聞かせながらの作業です。

う〜、早くエンジンかけたいな〜。
タグ:オペル
posted by lente_ucd at 20:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 電気系のアレコレ
この記事へのコメント
ティグラですかー。
街中で一度見かけただけですが、いかにも敏捷そうなフォルムで良いッスよね。

それにしてもこういうコンピューター的な分野も守備範囲なワケですね。半端ないッス。



Posted by 恭平@大洗 at 2009年10月15日 20:15
このティグラ、もともと1400ccのオートマだったのを1600ccのマニュアルに載せ換えて、
そんで今回また載せ換えでコンピューターも配線も全部やり直し。
どれが本来の配線で誰がどこいじったんだべ…?、ってな感じでサクサク進まない状況で肩が凝るよ〜。
正直に言うなら決して得意なジャンルではない(笑)
Posted by レンテ at 2009年10月15日 20:29
レンテさん、こんにちは。
本日、500でオイル交換に伺ったやまきです。
久しぶりに(笑)オイル交換が出来て、
こころなしかエンジンの調子が上がったようです。
また再来週の木曜にお伺いしますので
宜しくお願いします。
Posted by やまき at 2009年10月15日 22:08
先日はどうも!
トタルオイルの相性も良さそうですね(笑)
あ、ブログ拝見しました。
ディーラーに置いてあったの、やまきさんの500だったんですね〜。
ではまた、再来週、お待ちいたしております〜!
Posted by レンテ at 2009年10月16日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32895587

この記事へのトラックバック