Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2013年02月07日

Alpine GTA

v6tb (2).jpg

アルピーヌV6ターボ、です。
水が減る、オーバーヒートっぽい、てゆうかヘッドガスケット抜けてるっぽい。
ということで入庫です。

v6tb (30).JPG

リークテスターの液が青から黄色に変化します。
ヘッドガスケット抜けてますね…。

v6tb (9).jpg

ふぅ…整備性の良さそうなエンジンですなぁ(笑)

v6tb (25).jpg

ぅおっつ、あららら!
工場で出し入れしてる間に症状進んじゃってるっぽい!
クランクケースに水が混じってミルクティー色のオイルが。

この時点でヘッドだけのオーバーホールじゃ済まないの決定です。

v6tb (22).jpg

とりあえず、ドゴーンと降ろして。

v6tb (17).jpg

バリバリ部品を剥いでいきます。

v6tb (20).jpg

その途中に触媒の中がエライ事になってるのを見つけちゃったり。

v6tb (13).jpg

ライナーも引っこ抜きます。
抜かなくちゃならなかったのです。

v6tb (14).jpg

こんなに錆が積もってたので。

v6tb (16).jpg

別の角度から。

v6tb (15).jpg

ブロックの壁にギッシリと錆が詰まってます。
ウォータポンプからの水流の行き止まりで堆積したようです。

堆積するのが分かっていたのか、ここに両バンクともドレンがあります。
ドレン開けても、穴ほじっくても水が出ないほど錆で埋まってました。

v6tb (12).jpg

こんなに出てくるくらいですから。
この錆のせいでライナーはすべて再使用出来ない状態。

v6tb (33).jpg

ブロックに座るシーリングの座りが錆でガッタガタなのです。
クランクケースの水はここから流れたのかも知れません。
定期的にブロックからも冷却水の交換はした方が良さそうです。

お次はシリンダーヘッド。

v6tb (29).jpg

こっちも面研とバルブシートカットを行います(加工屋さんが)。

v6tb (31).jpg

EXバルブのフェイスをちょっと切削&研磨。

v6tb (32).jpg

こっちはINバルブ。
綺麗になって気持ち良いです。

まだまだ続きそうなので、今回はこの辺で!
タグ:アルピーヌ
posted by lente_ucd at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンのアレコレ