Lente motor works diary
茨城県土浦市の自動車工場、レンテモーターワークスのアレコレ。

2012年12月09日

クロスミッションとモロモロ

ジネッタG4、ミッション交換他モロモロです。

g4 (56).jpg

使用するのはクワイフのストレートカットクロスの組込み済みのこれです。
わきの銀色の物体はアルミ製のベルハウジング、ここでマイナス5kg。
鉄鋳物のベルハウジングは10kgくらい。

g4 (57).jpg

ふた開けるとこんな感じにヘヴィーデューティな歯車が見えます。

g4 (64).jpg

まずは摘出、で、ミッション置いたら強めのぎっくり腰でしばし天を仰ぎます。

g4 (63).jpg

2足歩行できるようになった数日後、鉄鋳物ハウジングを外したらこんな有様で。
強打してバッキリ割っちゃったんでしょうね、一生懸命溶接されてます。

g4 (62).jpg

レリーズフォークの穴はクラックでつながっちゃってます。
アルミのハウジング用意しておいて良かった〜。

エンジン・ミッション下ろしたついで!といろいろ。

g4 (58).jpg

装着されていた1.8ゼーテック純正軽量加工済みのフライホイール。
から、

g4 (66).jpg

ノーマル形状のクラッチでイケる軽量フライホイールに交換、マイナス2.5kg。
もっと軽いのは小さな径のレーシングクラッチ仕様になります。

g4 (61).jpg

オイルポンプのプーリー、

g4 (60).jpg

なんか噛みこんでガジガジだったり、

g4 (59).jpg

オイルシールに負けてミゾ掘られちゃってたり。
オイルは漏れるはベルト痛むはで良いことないです。

g4 (70).jpg

タイタンの補修品にて交換、なのでそのうち同じ状態になるでしょうね…。
10年くらい持つなら、まぁ、ということで。

g4 (71).jpg

タイミングベルト&ウォーターポンプ一式も交換〜。
このカムプーリーもノックガイドの無いタイプなんですね。
センターボルト緩めるとクルクル回っちゃいます。
知らなかったのでビビりました(笑)

g4 (69).jpg

でも、カムの後ろにこんな溝がありまして、

g4 (68).jpg

5.0mmの適当な棒差して一直線になれば良いみたいです。
簡単なカムロックの方法で良かった…。

g4 (72).jpg

他にもスターターを強いのに交換してみたり。

各パーツの選定や取付はかなーり、かな〜〜〜り難航しましたが、何とか作業完了!

そして、「唸りを上げろ!強化スターターぁ!」

とキーをひねりましたがムニョムニョ…カチカチっとしか言いません…。
バッテリーが御臨終の様でオーナー氏にご相談。

「こんなのとかこんなのがありますがどれにしましょう?」
「もうヤケクソや、ちっさ軽いのにするわ!」

ということで、

g4 (65).jpg

アリアンテのリチウムイオンバッテリーに交換でマイナス9kg。
これでセル回るの??っていう冗談みたいなバッテリーですが全然平気。

さて、本題のクロスミッションです。
ヒュイーン、というギヤノイズを発しながらイ〜感じに加速します。
4.44のファイナルの組み合わせでいよいよTC1000&2000専用になっちゃいました。
これで遠出するのがつらいという意味でも。

モアパワーを手に入れるための下ごしらえは確実に進んでますね…(笑)
タグ:ジネッタ
posted by lente_ucd at 19:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 駆動系のアレコレ